주요 기사 바로가기

「新型コロナとインフルエンザにかかれば感染率2倍増幅」最悪の秋になるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.12 13:46
0
北半球が秋季に入ってインフルエンザの流行が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染力を2倍以上増加させる可能性があるという研究結果が出た。11日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、ドイツのマックス・プランク研究所とフランスのパスツール研究所は最近欧州諸国のデータに基づいてこのような結論を導き出した。

研究陣は季節性インフルエンザと新型肺炎の共同循環シミュレーションモデルを開発した。2つのウイルス流行の様相を示したデータはベルギー・イタリア・スペイン・ノルウェーなど欧州諸国が抽出した。

ドイツ感染学者、マチュー・ドメネク・ド・セル氏が導いた今回の論文は9日医学論文の事前公開プラットホーム「medRxiv.org」に掲載された。まだ同僚の批評段階を経なかったが、研究に参加した研究陣は「結果が明確だ」と話した。

データによると、現在感染者は平均2人を感染させる水準の感染力をもつ。ところが、インフルエンザに同時に感染する場合、平均4~5人を新型肺炎ウイルスに感染させるということが分かった。

同時に感染する時、人体は2つのウイルスを同時に相手にしなければならない。一部の科学者はインフルエンザ感染が免疫体系を刺激して新型肺炎ウイルスの侵入を部分的に防げると主張する。だが、今回の論文で研究陣は2つのウイルスを相手にする人体の状態がさらに悪くなると判断した。シミュレーションの結果、インフルエンザ症状であるせきやくしゃみが感染を促進するという予測も出た。

何より状況を悪化させるのは診断過程での混乱だ。研究陣は同時感染時、それぞれ感染した場合より30~50%ほど新型肺炎の診断率が落ちる結果が出たと明らかにした。新型肺炎の潜伏期は平均5日以上で、インフルエンザは1~2日程度だ。同時感染者のインフルエンザ症状が先に消えて診断に混乱が生じかねないということだ。

米国でも5月インフルエンザと新型肺炎感染の関連性を示す研究結果が出たことがある。グーグルと米国コールド・スプリング・ハーバー研究所の共同研究結果、インフルエンザウイルスは人体でアンジオテンシン変換酵素 2(ACE2)の量を大きく増加させることが明らかになった。ACE2は新型コロナウイルスが体内宿主細胞と結合することに使われる主な受容体だ。新型肺炎にさらによく感染する状態になるという意味だ。

歴史的な事例もある。5000万人が死亡した1918年のA型新型インフルエンザ(H1N1)、別名「スペインかぜ」は全世界人口の3分の1を感染させて落ち着いた。このA型インフルエンザの数年にわたる数回のパンデミックグラフが季節性インフルエンザが流行する時と一致したということだ。

このような理由で一部の科学者はインフルエンザと新型ウイルス流行の関連性を信じている。ドイツとフランス研究陣も今回の新型肺炎の一次パンデミックがしばらく小康局面に入ったのは季節性インフルエンザが流行する春が過ぎたためだと指摘した。

米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長も先月「私も、その誰も秋インフルエンザ流行時の状況を予測することはできない」として懸念を示したことがある。米疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド博士は米国人が社会的距離の確保、マスク着用指針に従わなければ秋にわれわれが見られる最悪の状況が到来する可能性があると警告した。

中国はインフルエンザ流行時、新型肺炎状況の悪化に備える態勢に入った。中国国家食品薬品監督管理局(NIFDC)の張文周副局長は最近「われわれは今年3000万人分のインフルエンザワクチンを供給した」とし「翌月インフルエンザ季節が始まる時、最終的な供給量は5000万名分に増えるかもしれない」と明らかにした。

SCMPなどによると、中国は通常、年間全体人口の2%に該当する3000万人分のインフルエンザワクチンを供給してきたが、今年は特殊状況を考慮してインフルエンザワクチンの供給量を増やしている。中国疾病預防控制中心の疫学首席科学者、曽光氏は今年秋と冬に新型肺炎と季節インフルエンザが同時に流行する「二重脅威」の状況を迎える可能性があるとしてインフルエンザワクチンの接種を勧告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP