주요 기사 바로가기

トヨタコリア、21年式「プリウスプライム」発売…カカオトークストアで限定販売

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.09.09 18:02
0
トヨタコリアは9日、2021年式「プリウスプライム」の販売を始めると明らかにした。

プリウスプライムはトヨタの核心技術であるハイブリッドシステムを基にしたプラグイン ハイブリッド(PHEV)モデルだ。韓国では2017年に初めて紹介された。

今回の2021年式プリウスプライムにはプリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LTA)、ダイナミックレーダークルーズコントロール(DRCC)、オートマチックハイビーム(AHB)の4種類の予防安全技術をひとつのパッケージにまとめたトヨタセーフティセンス(TSS)が基本装備された。ここに後部座席のサイドエアバッグを2個追加し合計10個のエアバッグで搭乗者の安全をさらに強化した。

また、従来の4人乗りから5人乗りに変えた。インフォテインメントシステムはアンドロイドオートとアップルカープレイ機能に対応する。

複合モード基準の公認燃費はガソリンとハイブリッドがリッター21.4キロメートル、電気はキロワット時当たり6.4キロメートルだ。1回充電時電気モードだけでは最大40キロメートル走行可能だ。

今回の2021年式プリウスプライムは30台限定で販売され、購入手続きはカカオトークストアを通じて予約金を入金した後、訪問するショールームを選択して試乗と出庫を進めれば良い。

トヨタコリアのカン・テファン常務は「PHEVは親環境と燃費を重視する顧客に最も現実的な対案になるだろう。プリウスプライムとともに、平日には都心部で電気エネルギー(EVモード)を、週末にはガソリンハイブリッドで郊外ドライブをしながら楽しさを経験してほしい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP