주요 기사 바로가기

BLACKPINK、米ビルボード「ホット100」13位…K-POPガールズグループの新記録

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.09.09 09:02
0
BLACKPINK(ブラックピンク)がポップスターのセレーナ・ゴメスとともに作業した新曲『Ice Cream』でビルボードメインシングルチャートの13位にのぼった。

ビルボードは8日(現地時間)、BLACKPINKの『Ice Cream』が「ホット100」で13位となったと明らかにした。「『Ice Cream』がラジオ放送チャートで32位に初入りした」としてシリウスXM(72回)、ラジオ・ディズニー(62回)、XHITZ-FM(48回)、WHTZ-FM(37回)、WNFM(36回)などで『Ice Cream』が多く放送されたと説明した。

これはBLACKPINKがビルボードシングルチャートでおさめた過去最高の成績であり、K-POPガールズグループ最高成績だ。7月BLACKPINKの『How You Like That』はビルボードシングル33位になり、6月ポップスターのレディー・ガガとコラボした『Sour Candy』も33位でデビューしたことがある。

「ホット100」はストリーミング実績や音源販売量、ラジオ放送回数などを総合して毎週米国で最も人気のある曲のランキングを付けるチチャートだ。防弾少年団(BTS)の『Dynamite』が2週連続でビルボードシングルのトップを占めたことに続き、BLACKPINKまで驚くべき成果をあげK-POPの影響力を実感させた。

ニールセン・ミュージックによると、BLACKPINKの『Ice Cream』は発売第1週目に再生回数1830万回、音源ダウンロード数2万3000回を記録した。『Ice Cream』を聴いたラジオ放送聴取者は510万人となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BLACKPINK、米ビルボード「ホット100」13位…K-POPガールズグループの新記録

    2020.09.09 09:02
    뉴스 메뉴 보기
    BLACKPINK『AS IF IT’S YOUR LAST』[MV キャプチャー]
    TOP