주요 기사 바로가기

ソウル、コロナ感染者20日ぶりに60人台に減少…「2.5段階の下方調整はまだ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.03 16:08
0
ソウル地域の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新規感染者が60人台に減少し、集団感染が始まった先月中旬より低い水準に減少した。しかし、防疫当局はソウルの集団感染が大型教会など1,2カ所での集中的発生から散発的に拡散する形に変わっており、安心するのはまだ早いという判断だ。

3日0時基準のソウル市の新型コロナ新規感染者は69人で、一日の感染者数が20日ぶりに最低水準に低下した。城北(ソンブク)区のサラン(愛)第一教会を中心に集団感染が発生し始めた先月14日の新規感染者数(74人)より少ない規模になった。ソウルの新規感染者は先月15日146人、18日151人、26日154人と連日最高記録を更新したが、先月30日と31日に二日連続で90人台を記録し、減少傾向がみられた。

この日、感染者数は減少したが、政府はソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保)の段階の下方調整には慎重な姿勢だ。また、ソウル市は「まだソーシャルディスタンシング2.5段階の下方調整は検討していない」という立場だ。ソウル市のパク・ユミ市民健康局長はこの日の会見で「単純に一日に確認された感染者数でソーシャルディスタンシングの段階の変化を判断するのは難しいと考える」とし「数は減少したが、病院内の療養施設などで感染者が確認されており、この場合他の病気で入院していた重症患者の感染リスク、更には致死率にもつながりかねないため(ソーシャルディスタンシング2.5段階の下方)調整するかは、検討しているとは申し上げることができない」と述べた。

この日、ソウルでは新たな集団感染事例が追加された。3日0時基準で蘆原(ノウォン)区の損害保険会社の感染者2人(累積4人)、江北(カンブク)区の家族1人(累積6人)、西大門(ソデムン)区の知人の集まり1人(累積5人)などの新たな集団感染事例が確認されたことが報告された。当初、一部の教会を中心に大規模な感染者が出たのとは大きく異なる傾向だ。

既存の集団感染が発生したサラン第一教会もこの日4人(累積629人)の感染が確認され、蘆原区のピッガオン(光の中)教会1人(累積36人)、8・15ソウル都心集会1人(累積90人)などでも感染者の確認が続いた。特に緑色病院、富民(プミン)病院、漢陽(ハニャン)大学病院、牙山(アサン)病院など計7カ所で医療スタッフ13人の感染が確認され、院内感染も非常事態になった。パク・ユミ局長は「医院級、総合病院、上級総合病院に関わらず多岐にわたり(感染者が)出ている」とし「医療スタッフ・患者間の感染事例も多く発生している」と憂慮を示した。

ただし、保健当局は感染者数が減少したことについては「ソーシャルディスタンシングの効果が現れている」と評価した。パク・ユミ局長は「先月19日、ソウル市で完全なソーシャルディスタンシング第2段階が実施されてから2週間が経った」とし「効果があると考えている」と述べた。

この日、ソン・ヨンネ中央事故収拾本部戦略企画班長は、政府世宗(セジョン)庁舎で開かれた定例記者会見で「この週末あたりに(ソーシャルディスタンシング2.5段階)を延長するか終了するかなどについて結論を出すことができるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP