주요 기사 바로가기

文大統領、否定的な評価が再びリード…民主党支持率も下落傾向

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.03 12:10
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行に対する否定的な評価が1週間で再び肯定的な評価をリードしたという世論調査の結果が3日、出た。文大統領と共に民主党の支持率は下落傾向に転じ、国民の力(元未来統合党)は上昇の勢いに乗った。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で防疫が強化し、高まった経済難が支持率に影響を及ぼしたという分析だ。

リアルメーターがTBSの依頼で先月31日から2日まで全国有権者1517人を対象に調査した結果、文大統領の国政遂行に対する肯定的な評価は47.8%、否定的な評価は48.7%となった。

肯定的な評価は先週より1.2%ポイント下がり、3週間で下落傾向に転じ、否定的な評価は先週より2.0%ポイント上昇した。誤差範囲(95%信頼水準で±2.5%ポイント)内ではあるが、同じ調査で肯定的な評価(49.0%)が否定的な評価(46.7%)をリードして一週間で再び覆されたわけだ。

文大統領に対する肯定的な評価は職種別に自営業者(43.4%・5.0%ポイント↓)、年齢別で20代(39.0%・7.1%ポイント↓)、地域別では大田(テジョン)・世宗(セジョン)・忠清(チュンチョン)(44.3%・5.2%ポイント↓)、理念傾向別では中道層(37.9%・4.8%ポイント↓)などの落ち幅が大きかった。

一方、政党支持率は民主党が1位を守ったが、先週より2.8%ポイント下落した37.6%だった。国民の力は1.8%ポイント上昇した31.9%だった。直前の調査で10%ポイント以上広がった両党の支持率格差は5.7%ポイントに狭まった。開かれた民主党(5.3%)、正義党(4.1%)、国民の党(4.0%)などが後に続いた。無党派層は13.5%だった。

リアルメーターは「首都圏、特にソウルと自営業者職種で変動幅が大きかった」として「強化された社会的な距離の確保措置が続き、生計に直接的な打撃を受けた地域・職種を中心に支持率が影響を受けたとみられる」と明らかにした。

詳しい内容はリアルメーターや中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、否定的な評価が再びリード…民主党支持率も下落傾向

    2020.09.03 12:10
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領。キム・ソンニョン記者
    TOP