주요 기사 바로가기

韓日米の台風9号移動経路、どの予想が的中するだろうか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.02 15:11
0
台風9号「MAYSAK(メイサーク)」は韓国の内陸を通過するということでより大きな被害が予想される。

ところで韓国気象庁と海外主要機関の移動経路の予測が少しずつ異なり、どの経路予想が的中するか関心を集めている。

韓国気象庁は台風9号が2日夕方に済州道(チェジュド)東の海上を通過して翌3日未明に慶尚南道(キョンサンナムド)南海岸に上陸して東方地方を経て、同日朝に東海(トンへ、日本名・日本海)中部の海上に抜けると分析した。その後台風は北朝鮮に再上陸した後に清津(チョンジン)西北西の陸上を経て次第に小さくなって消滅するという見通しだ。

韓国に上陸する具体的な地点は巨済(コジェ)から釜山(プサン)の間を予想している。嶺南(ヨンナム)地域と東海岸近隣都市が危険半径に入る。

このままいけば台風9号は歴代2位の財産被害をもたらした2003年の台風14号「MAEMI(マエミー)」と類似の経路をたどることになる。

だが、日本や米国など海外の主要気象関連機関は韓国気象庁よりも台風9号がやや西寄りの移動経路をたどると予想している。

米軍合同台風警報センター(JTWC)が1日午後9時(現地時間)に発表した台風9号の予想移動経路を見ると、麗水(ヨス)と南海(ナムへ)の間から入ってくる。JTWCはその後、台風9号が韓国の中央を通過し、北朝鮮を経て中国に上陸すると予想した。

これは歴代で最も深刻な財産被害をもたらした2002年台風15号「RUSA(ルーサー)」により近い経路だ。韓国気象庁の予想経路とは違い、首都圏が直接的な影響を受けることになり、被害がより大きくなる可能性がある。

また、日本気象庁はこの日午前9時基準の予報で台風9号が全羅南道(チョルラナムド)と慶尚南道(キョンサンナムド)の間に入ってきて東海岸に抜ける経路を予想した。韓国気象庁とJTWCの間を取るような予想だ。

韓国気象庁は前日の記者会見で「もし台風の中心気圧が低くなりながら強い台風に発達する場合、自ら動きながら東進よりは北進する傾向が大きくなり、慶南・南海岸の中でも全南海岸側により近い場所に上陸する可能性がある」と説明した。

だが「現在、台風が最も強い水準に達していて少しずつ弱まる傾向を示しているため西側の可能性は弱い」と付け加えた。

台風9号の中心気圧はこの日午前6時基準で940ヘクトパスカルで、韓国に上陸するであろう3日午前0時ごろには955ヘクトパスカルに高まる展望だ。

西側経路の予想とは反対に、台風の北西側の乾燥した空気が台風をより強く東に押しやりながら台風がむしろ東に経路を取る可能性もある。

気象庁関係者は「現在では気象庁のシナリオ通りに進むものと予想する」とし「ただし、若干の可能性は残しておき、実況を基に追加分析をしている」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日米の台風9号移動経路、どの予想が的中するだろうか

    2020.09.02 15:11
    뉴스 메뉴 보기
    日本気象庁の台風9号予報
    TOP