주요 기사 바로가기

韓国済州道「台風警報」に引き上げ…航空機、全便欠航へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.02 10:50
0
台風9号「MAYSAK(メイサーク)」が北上していることを受け、韓国済州(チェジュ)地方気象庁は2日午前10時を期に湫子島(チュジャド)を除く済州道と済州道沖・南側遠海、南海(ナムへ)西部の西側遠海に台風警報を発令した。湫子島には台風注意報を出した。

あわせて金浦(キンポ)国際空港を出発して済州や金海空港などへ向かう国内線航空便も相次いで欠航が決まった。韓国空港公社によると、この日午前9時10分に金浦空港を出発して済州空港へ向かう予定だった大韓航空KE1213便をはじめ計60便が欠航した。

この日午前9時10分基準で、済州地域は山地を中心に1時間5ミリ前後の雨が降り、最大瞬間風速20メートル(秒速)前後の強い風が吹いている。主要地点別の最大瞬間風速は漢拏山(ハルラサン)ウィッセオルム22メートル、三角峰(サムカクボン)21.3メートル、馬羅島(マラド)19.4メートル、済州17.2メートルなどとなっている。

気象庁は台風9号が北上しながら今後1時間以内に強い雨が降り、3日未明までに非常に強く多くの雨を降らせるだろうと予想した。

台風9号はこの日午前6時基準で済州西帰浦(ソグィポ)の南約360キロメートル付近の海上を時速22キロメートルの速さで済州南東の海上に向かって北東進している。中心気圧940ヘクトパスカル、最大風速47メートルと、非常に強い勢力を維持している。

台風の強さは「非常に強い」だ。気象庁は台風中心付近の10分平均最大風速が秒速44メートル以上54メートル未満のとき、台風の強さを「非常に強い」に分類している。これは人や大きな石も飛ばされるほどの威力だ。

台風9号はこの日夕方に済州道東の海上を通過し、翌3日未明に慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)と釜山(プサン)の間の地点に上陸するものと予想される。その後嶺南(ヨンナム)地域と東海(トンへ、日本名・日本海)海岸の近隣都市を通過し、同日午前中に東海中部海上に抜ける見通しだ。

一方、丁世均(チョン・セギュン)首相はこの日午前、中央災難(災害)安全対策本部会議で「台風9号が速い速度で近づいている」とし「今回の台風は今年内陸を通過する最初の台風で、2003年の台風14号『MAEMI(マエミー)』と似ていることが予想されていてさらに心配が大きい」と話した。

続いて「暴風津波と海水面上昇で海岸沿いの住民の被害が憂慮されるため、関係部署と地方自治体は緊急状況発生時、住民の避難施設など徹底的に備えてほしい」とし「国民も気象情報に耳を傾けて行動要領をしっかり遵守して自分の安全を守ってほしい」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国済州道「台風警報」に引き上げ…航空機、全便欠航へ

    2020.09.02 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    台風9号(左)と台風10号(右)が韓半島(朝鮮半島)に向かって北進中だ。2日午前2時50分現在の台風の衛星映像と予想経路。[グラフィック 韓国気象庁]
    TOP