주요 기사 바로가기

台風9号、今晩より韓国済州から影響…あすは各地に強風、最大400ミリの大雨

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.01 07:19
0
1日夕方から韓国は済州(チェジュ)から台風9号「MAYSAK(メイサーク)」の影響圏に入る。

韓国気象庁は31日、「台風9号が1日午前0時前後からわが国周辺の境界区域に接近し、2日午後7時に済州西帰浦(ソグィポ)に最接近した後、3日未明に釜山(プサン)に到達するだろう」と明らかにした。済州と海岸沿いは1日夜、内陸地域は2日夜から3日にかけて最も大きな影響を受けるものとみられる。

台風9号は31日午後3時基準で中心気圧950ヘクトパスカル、最大風速155キロメートル毎時の強い台風に発達した。強風の半径が380キロメートルに達し、時速43キロメートルという速さで沖縄南270キロメートル海上を北北西に進んでいるところだ。台風9号は3日午前2時に釜山近隣に上陸し、4時ごろ慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)近隣に抜ける見通しだ。

台風が近接する慶尚南道(キョンサンナムド)の海岸と東海(トンへ、日本名・日本海)海岸を中心に最大400ミリ、その他の慶南と江原道嶺東(カンウォンド・ヨンドン)は100~300ミリの雨が予想される。ソウル・京畿道(キョンギド)と江原道嶺西(ヨンソ)、忠清道(チュンチョンド)と慶尚北道地域は100~200ミリ、湖南(ホナム)と忠清の一部南側地域は50~150ミリの雨が予想される。台風が接近しながら強い風も吹く。慶南・慶北の海岸、済州道には秒速30~50メートルの強い風が予想されている。南部地方と江原道嶺東地域も秒速40メートル、ソウル京畿と忠清も秒速30メートルの風が吹くものとみられる。

海岸地域は海水が大潮期と重なって高くなり、浸水被害が大きくなる可能性がある。

気象庁のウ・ジンギュ予報分析官は「台風に影響を及ぼす西側の乾燥した空気と東側の北太平洋高気圧の発達具合によって経路が若干変わる可能性がある」とし「北太平洋高気圧の勢力が弱まる場合、経路が東に偏り、韓国に上陸せずに南東の海上を通過していく可能性もある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    台風9号、今晩より韓国済州から影響…あすは各地に強風、最大400ミリの大雨

    2020.09.01 07:19
    뉴스 메뉴 보기
    台風9号「MAYSAK(メイサーク)」の予想進路。
    TOP