주요 기사 바로가기

北朝鮮がユーチューブで怪しい乱数放送…南派工作員への指令か?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.30 12:45
0
北朝鮮がユーチューブを通じ、韓国へ送り込んだ南派工作員への指令用と推定される乱数放送を送出した。乱数放送は数字、文字、単語を組み合わせた暗号を特定の相手に送信する放送だ。主に5桁の数字が使われる。

29日に対外用ラジオメディアである平壌(ピョンヤン)放送のユーチューブアカウントに「0100011001-001」と題する動画が上げられた。

映像の中でアナウンサーは「友人たち、719探査隊員たちに向けた遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお知らせします」とし、「564ページ23番、479ページ19番、694ページ20番…」など数字の組み合わせを朗読した。

続けて「これまで710号探査隊員に向けた基礎復習課題をお知らせしました。こちらは平壌です」として1分5秒の放送を終えた。

この動画はユーチューブの平壌放送のアカウントに掲示され、同日午後2時現在で再生回数5700回を超えた。

北朝鮮がユーチューブを通じて乱数放送を送出したのは初めてとみられる。

北朝鮮は2000年の金大中(キム・デジュン)大統領と金正日(キム・ジョンイル)国防委員長による第1回南北首脳会談後に乱数放送を中断したが、2016年6月24日に再開した。これについて実際に南派工作員に向けた指令である可能性と、韓国社会の分裂を試みた北朝鮮の戦略にすぎないという可能性が提起されている。

北朝鮮は通常、平壌放送を通じたラジオ放送で乱数放送をしてきた。今年に入ってからも3月7日と13日に乱数放送が行われた。今回の乱数放送はラジオでは放送されなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP