주요 기사 바로가기

韓国保健福祉部長官「新型コロナの増加傾向収まらず…新天地の時より被害大きいかも」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.27 11:04
0
朴凌厚(パク・ヌンフ)中央災害安全対策本部第1次長(保健福祉部長官)は27日「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大傾向が収まっていない。新天地の時より被害が大きい可能性もある」と述べた。この日午前、政府ソウル庁舎で開かれた中央災難安全対策本部の会議でだ。

彼は「最近1週間で2~300人の感染者が持続的に発生している。感染者の中で80%は依然として首都圏で連日発生しており、非首都圏での感染も増加している」と話した。

また、パク長官は「サラン(愛)第一教会とソウル都心集会の感染者のうち約40%は60代以上」とし「年齢が高いほど重症に発展する割合が多く、感染者のうち若い人々が多かった過去の『新天地集団感染事例』より被害が大きい可能性があり緊張すべき状況」と話した。

彼は新型肺炎の拡大を防いで被害を最小化するために全国民的な協力が絶対的に必要だと強調した。

パク長官は「職場での感染事例を減らせるように柔軟・在宅勤務、時差出退勤などを通して事業場の密集度を下げてほしい。特に、コールセンター・物流センターなど勤務環境が感染に脆弱な事業場は危険要因を徹底的に点検してほしい」と話した。

また、マスクを徹底的に着用し、高齢者と基礎疾患をもつ者は外出・接触を自粛してほしいと伝えた。パク長官は「偽ニュースと虚偽情報は防疫当局の遮断と抑制措置に支障をきたす。防疫当局の措置を信頼し、実践してほしい」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国保健福祉部長官「新型コロナの増加傾向収まらず…新天地の時より被害大きいかも」

    2020.08.27 11:04
    뉴스 메뉴 보기
    朴凌厚(パク・ヌンフ)中央災害安全対策本部第1次長(保健福祉部長官)
    TOP