주요 기사 바로가기

台風8号に緊張する北朝鮮…「非常通知体系24時間稼働」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.25 08:57
0
昨年の台風13号で莫大な被害が発生した北朝鮮が、台風8号の北上に緊張している。

北朝鮮気象水門局(気象庁)部隊長は24日、朝鮮中央テレビに出演し、「22日に発生した台風8号が北に移動している」とし「規模は小さいが、勢力を弱めず移動し、特に西海岸地域は台風の右側半円に属するため相対的に風が強く、非常に危険だとみている」と警告した。

北朝鮮は26-27日に台風の影響圏に入るとみて台風警報を発令する一方、事前準備の重要性を繰り返し強調した。

国家非常災害委員会のパク・ジョンオク副局長は「すべての部門、すべての単位で自然災害非常通知体系を24時間正常稼働し、随時提起されるこうした災害性自然現象に迅速・正確に対応できる準備をする必要がある」と呼びかけた。

パク副局長は「土砂崩れ危険区間と浸水危険地域、台風と高波危険地域をはじめとするあらゆる危険要素で人命被害が発生しないよう準備すべき」とし「国土・環境保護、農業、都市経営、鉄道運輸部門をはじめとするすべての部門で台風の被害を予め防ぐための事前準備を責任を持って進めることが極めて重要だ」と述べた。

北朝鮮がこのように台風8号の接近に緊張する姿を見せるのは、昨年の台風13号で大きな被害が発生したからだ。中央テレビは2012年の台風15号、昨年の台風13号の影響で、北朝鮮全域で大きな被害が発生したことに言及した。続いて「(過去の台風被害の)教訓は瞬間も油断してはいけない、幸運を望んで想像できない人的・物的被害を招いてはいけないということ」とし「台風の被害を徹底的に防ぐ事業が人民の生命と国家・社会の財産を守る重大な事業ということを忘れてはいけない」と明らかにした。

台風8号は速度や規模の面で、韓国に過去5番目の強風をもたらした昨年の台風13号と似ているという評価を受ける。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP