주요 기사 바로가기

【時視各角】不信感は不動産だけでない=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.21 16:21
0
米国の政治はそれなりに落ち着いていて品位があると思っていたが、トランプ大統領を見るとそうではない。口さえ開けば見栄を張り、すぐに大きなことを言う。就任後3年半の間、2万回以上も嘘をついたり事実歪曲をしたと、ワシントンポストは分析した。一日平均20回近い数だが、数日前の記者会見場では「大統領、在任期間に国民に述べたすべての嘘を後悔していませんか」というホワイトハウス担当記者のストレートな質問まで受けた。

我慢して聞かなければいけない国民はつらい。対応しなければいけない野党も大変だ。民主党大統領候補のバイデン氏が「非白人女性」のカマラ・ハリス議員をランニングメイトに決めたのは「相手を魚の内蔵をえぐり取るように攻撃する女戦士」という闘鶏気質に注目したからだ。激しく相手を侮辱して攻撃するトランプ式の格闘技討論に野党は怯んだ。前回のトランプ候補とヒラリー・クリントン候補による大統領選挙の討論戦がそうだった。

クリントン候補がトランプ候補のセクハラを攻撃すると、「あなたの夫のスキャンダルにはかなわない」と返した。反則を制止する司会者には「あなた番組は視聴率も低いではないか」と踏みにじった。民主党では「トランプのように法螺を吹いて嫌味っぽく話せ。決して自分の過ちや失敗は認めてはいけない」という討論マニュアルまで出てきた。「寝ぼけたジョー」と言われるバイデン氏はこのような攻撃に慣れていない。

「住宅市場が安定化し、住宅価格上昇が落ち着く様相を見せ始めた」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の言葉を聞いた時、「我々は史上最も偉大な経済を建設した」と語ったトランプ大統領のことを思い出した。他国のことを話すような的外れな内容がまず同じだ。1、2度のことではないという点も同じだった。こういう言葉を聞きながらも反発しない存在感が薄い野党も似たり寄ったりだ。ところが少し考えてみるとトランプ大統領は記者の質問は受ける。我々は尋ねる方法がない。

文大統領の発言は青瓦台首席秘書官会議で出てきた。原稿用紙10枚以上の長い分量を参謀の前で読んだ。当然、言いたいことだけを言って、なぜ国民の体感とは違う診断をするのかという質問は受けない構造だ。大統領の重要なメッセージがほとんどこのような形で出てくる。年に1回だけ記者会見をした前政権の一方通行を繰り返している。現政権の人たちは野党時代、これを「不通」と言って激しく批判した。

トランプ大統領と異なる点は他にもある。トランプ大統領はワンマンショーだ。しかし内閣と与党を垂直統治する「青瓦台政府」では、党であれ政府であれ国民の血圧を高める行動がワンチームだ。経済副首相は「雇用状況が着実に良くなっている」という赤面するような自慢をし、土地住宅公社社長は「住宅政策は文在寅政権が最もうまくやっている」と言った。与党議員はテレビ討論会で住居価格が下がると言いながら、放送が終わると「しかし住居価格が落ちない」と語った。「高価マンションに住み、不動産価格が上がっても我々は問題ない。ただ、税金は熱心に出せ」という議員もいた。

「理念プロ、行政アマチュア」と呼ばれるこの政府で不動産は無能と無責任の代表事例に挙がっている。しかし不動産だけではない。そうでなくてもコロナ恐怖で不安な日常生活の中、国政全般が危ういと感じる人が多い。それでも不動産や洪水など問題が発生すれば李明博(イ・ミョンバク)元大統領や朴槿恵(パク・クネ)前大統領のせいであり、土着倭寇のせいだ。そして自分だけが正しく、メディアと世論の批判は気にしないという傲慢も、前政権とそっくりだ。大統領の声が出てくるべき時に、何もしなかったり違うことを言ったりするところまで似ている。不動産がそうであり、植物総長なった検察総長がそうだ。朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長事件、光復会長の光復節の演説も同じだ。

国が危機なら信じるべきものは政府しかない。ところが政府の言葉とは逆に進んでこそ生きる道が出てくるという声が出ている。政府の失踪だ。前任者の「幽体離脱話法」を激しく批判して政権を握った。そうしておいて同じ道だ。

チェ・サンヨン/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP