주요 기사 바로가기

防弾少年団、中国でK-POP市場牽引…「予約販売71万件突破」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.08.21 11:36
0
韓国ボーイズグループ防弾少年団(BTS)が中国でK-POPの人気を牽引している。デジタル音源の予約販売に71万人が殺到し、国際的な人気を実感させている。

防弾少年団は21日、デジタルシングル『Dynamite』でグローバルカムバックを予告した。これまで午後6時に合わせてデジタル音源を公開していた防弾少年団は米国時間を考慮し、午後1時に発売を確定し、世界中の音源サイトで同時公開することにした。

中国の音源サイトでは17日から新曲『Dynamite』の予約販売が行われているが、販売開始当日に50万人のユーザーの注文が入り、20日午前基準で71万人を突破した。現地の音楽ファンは「月定額決済をせず1曲あたり3人民元(約45円)で購入するが、発売当日にサイトが混雑することを懸念し、事前販売に参加した。少しでも早く歌を聞きたいという心情」と伝えた。

中国のファンは会うことができない状況だが、過去最大級のサポートでファンとしての思いを示している。ジョングクのファンクラブは米国タイムズスクエア、2階建てバスなどに広告を出すことにした。ジミンのファンは2020MTVビデオミュージックアワードを独占して生中継するSBS(ソウル放送)MTVチャンネルでジミンの広告を出すことにした。VI(ヴィ)の中国最大のファンクラブ百度VI Barは「テヒョン(VIの本名)希望小学校」の建設を発表した。百度VI Barは中国青少年発展基金(CYDF)が行っている希望工程事業を通じてテヒョン希望小学校建設基金50万人民元を寄付したと伝えた。

韓限令解除の期待の中、防弾少年団の現地での活動にも関心が集まっている。ガールズグループMAMAMOO(ママム)は韓限令後、韓国歌手としては初めて、中国で単独オンラインファンミーティングを18日に開催した。防弾少年団も10月にオン・オフラインコンサートを準備中で、中国ファンも期待している。防弾少年団の中国での最後の公演は2016年7月5日の江蘇省南京で行われた。

特に楊潔チ中国共産党外交担当政治局委員が21日、1泊2日の日程で釜山(プサン)を訪問すると伝えられ、エンターテインメント株をはじめとする中国の恩恵を受ける株に動きがあった。楊氏が韓国を訪問するのは2018年7月以来2年ぶりで、新型コロナ感染拡大後、中国高官の初めての訪韓として注目されている。習近平主席の訪韓まで実現すればTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備に関連する葛藤で触発された中国内の韓限令の完全解除まで期待できるという見方が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団、中国でK-POP市場牽引…「予約販売71万件突破」

    2020.08.21 11:36
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団
    TOP