주요 기사 바로가기

「習近平の請求書」持ち込む楊潔チ氏、ソウルではなく釜山の狙い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.21 09:42
0
中国の外交政策を総括する楊潔チ中国中央政治局外交担当政治局委員が21日、1泊2日の日程で訪韓し、訪問先としてソウルではなく釜山(プサン)を選んだ。

韓国外交部などによると、楊氏は21日に国際金海(キメ)空港から入国し、22日午前に徐薫(ソ・フン)青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)国家安保室長に会う予定だ。このため、ケイ海明駐韓大使を含む中国大使館の職員と外交部実務担当者が20日に釜山に向かい、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染拡大後の初めての中国要人の訪韓行事の準備に突入した。

楊氏が釜山に来るのは文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬訪問しないという意味だ。これは習近平中国国家主席の年内訪韓成功するかどうかがわからない状況で、下手に韓国首脳に会わないという意図が隠れている。

それほど、習近平首席の訪韓を成功させるために両国間で調整しなければならない案件が多いという意味だ。新型コロナ状況で習近平首席の訪韓というリスクを甘受するほど、両国がそれぞれお互いに贈る「贈り物」が何になるか交渉しなければならない状況だ。

青瓦台関係者も18日、「中国側のスケジュールや希望などを考慮し、両国の協議を通じて釜山での開催を決定した」とし「最近の韓国内の新型コロナ感染拡大問題と今回の会談場所の決定とは何も関係ない」と述べた。

亜洲(アジュ)大学中国政策研究所のキム・フンギュ所長は「両国間の慎重な事案が多く、十分な合意がなされていないため、釜山で会うものと見られる」とし「なるべくあまり関心を持たれない方法で会合を進めたいという意志と見て取れる」と説明した。

漢陽(ハニャン)大学国際大学院の文興鎬(ムン・フンホ)教授は「楊氏が日本など他国を追加訪問していない状況で、韓国の地でソウルではなく釜山を選んだというのは異例」とし「文大統領との会談を避けることによって韓中両国がそれぞれ米国と北朝鮮をあえて刺激しないという政治的含意があるものと見られる」と述べた。

韓国と中国の双方が明らかにした今回の訪韓の理由も新型コロナで延期されてきた習近平首席の訪韓のための議題調整だ。つまり、激化している米国と中国の戦略的対立の中、韓国が中国の要求事項をどれほど聞き入れることができるかによって、習近平主席の訪韓が決定する。

ケイ海明中国大使も19日、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領を表敬訪問した席で韓中修交の意味に言及し、「楊潔チ国務委員の今回の訪韓は非常に重要な訪問」と強調した。米中対立の中、韓中関係が重要な分岐点を迎えているという緊迫感が読み取れる。

楊委員は訪韓前、19~20日にシンガポールを訪問し友好関係を築く予定だ。これにより、楊氏は韓国でも米中対立の局面で、中国に力添えするか、少なくとも中立を維持することを期待する可能性がある。米国が反中国経済のネットワーク「経済協力ネットワーク(EPN)」やファーウェイ制裁など「反中ブロック」への参加を同盟国に継続的に要求している状況で、韓国の積極的な参加を防ごうとしているのだ。

また、外交・安保の専門家らは米国の中距離ミサイルを韓国に配備しないという要求をはじめ、香港・台湾問題について中国の立場に共感することを要求するなど、様々な首脳会談の「請求書」を出すという見方を示した。

特に習近平首席の特使とも言える楊氏の訪韓時期と韓米連合訓練(18~28日)期間が重なる点も微妙だ。それだけ中国側にも火急の件があるということだ。

米国も当然、訪韓した楊氏がどのような議論を行うか神経を尖らせている。米国は17日、B-1Bの戦略爆撃機4機とB-2スピリットステルス爆撃機2機の爆撃機6機を大韓海峡と日本周辺上空で飛行させ、2日後の19日にはロシアが戦略爆撃機Tu-95MS2機など、合計6機を独島(ドクト、日本名・竹島)東海(トンヘ、日本名・日本海)近くの韓国防空識別区域(KADIZ)に進入させた。米中の対立が激化する中、ロシアも介入する様相だ。

これと関連し、米空軍の戦略的抑止および核統合担当副参謀長のリチャード・クラーク中将が19日(現地時間)、あるフォーラムで最近の米国の爆撃機出撃をめぐり「我々の同盟国の保障措置として存在する、柔軟で可視的戦力という点を確実に理解させるための行為」と明らかにした。米国の「同盟保障」という言及は米中間で「綱渡り外交」をしている韓国に向けたメッセージとも解釈することができる。

国立外交院のキム・ハングォン教授は「韓米および米日の合同演習が行われ、これに対応してロシアの戦略爆撃機が独島近くの韓国防空識別区域に現れた状況で、徐勲と楊潔チが会うことは北東アジア情勢に大きな意味を与える可能性がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「習近平の請求書」持ち込む楊潔チ氏、ソウルではなく釜山の狙い

    2020.08.21 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領(右)が2018年3月、青瓦台で習近平中国国家主席の特使として訪韓した楊潔チ政治局委員と握手を交わしている。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP