주요 기사 바로가기

映画『半島』、米国126館で上映…韓国映画史上最大規模のIMAX公開

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.08.20 09:25
0
映画『半島(ヨン・サンホ監督)』が8月21日米国公開を確定した。

全世界のボックスオフィス5000万ドル(USD、約53憶円)を突破して興行の世界一周を続けている『半島』が21日、米国でワイド公開を確定した。『半島』は『新感染 ファイナル・エクスプレス』以降4年、廃虚になった土地に残された者が繰り広げる最後の死闘を描いたアクションブロックバスター映画だ。

カナダに続いて米国でもボストン、シカゴ、ラスベガス、デンバー、ダラス、ヒューストン、エルパソなど主な都市126館でワイド公開を確定した。パンデミック状況でも『新感染 ファイナル・エクスプレス』(109館)以上の規模で公開し、米国観客に久しぶりに劇場を訪れる楽しさを与える予定だ。

それだけでなく、臨場感あふれるアクションを生々しく伝えてアジア諸国で大きな呼応を得たIMAX、4DX、ScreenXなどさまざまな特殊観フォーマットでも公開し、米国でも爆発的な呼応を得ると期待が集まっている特に、『半島』は北米59館(米国35、カナダ24)でIMAXフォーマットで公開する。これはIMAXの本場で公開した歴代韓国映画のうち最大規模だ。

北米配給を引き受けたWell Go USAは「『半島』とともに北米劇場街に再び活力が吹き込まれてうれしい。カナダに続いて米国でもヒットするよう願う」とし、カナダに続き米国でもヒット作として浮上するものと期待される。

一方、『半島』は8月19日を基準にアジア、北米、北欧、オーストラリア、ニュージーランドなど全世界21カ国でボックスオフィス5000万ドル(USD)を突破した。今秋には英国、フランス、ドイツ、そして来年1月には日本などでも公開を控えている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『半島』、米国126館で上映…韓国映画史上最大規模のIMAX公開

    2020.08.20 09:25
    뉴스 메뉴 보기
    映画『半島』
    TOP