주요 기사 바로가기

韓国副首相「韓国コロナワクチン、来年上半期に出てきそうだ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.15 09:27
0
韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は14日、韓国企業の新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチン、治療剤が来年上半期に出てきそうだと明らかにした。

洪氏はこの日、ソウル銀行会館で開いた外信記者との昼食懇談会で、韓国の新型コロナワクチンと治療剤開発の動向に関する質問に「新型コロナワクチンや治療剤は世界的に有望な企業がほぼ参入して開発しており、臨床第III相まで進んだところもある」と話した。

続いて「われわれもワクチンや治療剤の開発に資金を投じているが、韓国は来年上半期程度にならないと出てこないとみられるが、年内にも顕著な成果が出せると思う」とし「特に韓国は血清学の報告がいち早く出され、研究陣の研究がかねてからあった」と付け加えた。

洪氏は韓国内の感染再拡大の兆しに、ソーシャル・ディスタンス第2段階の上方修正が検討されていることに関連して「100人台の感染を私も懸念している」とし「ソーシャル・ディスタンスを再び行えば、経済に否定的な影響を及ぼしかねず心配している」と話した。

洪氏は「統制できていないわけではなく、感染経路が把握されている状況なので幸い」としつつ「感染者の増加傾向は続くわけではなく、平均統計水準で推移するのではないかと思う」と話した。

また「強化されたソーシャル・ディスタンスを再び行うことになれば経済に影響が出るとみられる。内部的に意志決定をするとき、そのような経済的側面もあわせて考慮するべきだというバランスの取れた見解を伝えている」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国副首相「韓国コロナワクチン、来年上半期に出てきそうだ」

    2020.08.15 09:27
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官。[写真 韓国企画財政部]
    TOP