주요 기사 바로가기

止まらない日本製不買運動1年…ビール84%・乗用車51%輸入減少=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.10 09:54
0
昨年7月、日本の輸出統制に触発された不買運動が始まって1年だ。共に民主党のキム・ヨンベ議員が関税庁から受けた資料によると、ビールと乗用車など消費財の輸入額が大幅に減った。

10日、キム議員が公開した関税庁資料によると、今年7月日本製消費財の輸入額は2億5257ドル(約267億円)で1年前より23.4%減少した。

その中でもビール・タバコ・乗用車などの輸入が大幅に減った。日本製ビールの輸入額は68万5000ドルで1年前より84.2%減少した。2019年まで9年間輸入ビール市場で不動の1位の座を守った日本ビールは2020年6月には9位まで落ちた。日本のタバコ輸入額も6000ドルへと89%減少した。

日本製乗用車の輸入額は5235万2000ドルへと51.6%減った。日本日産は輸入の急減で2005年韓国に進出して以来15年ぶりに撤収することにした。トヨタはさまざまなプロモーションを通じて市場を守るために総力をあげている。

この他に日本製美容機器(-81.6%)、釣り用品(-69.0%)、玩具(-33.4%)、加工食品(-33.1%)、化粧品(-30.4%)、ビデオカメラ(-28.4%)の輸入額も減少した。

一部の品目では輸入額が増加した。日本製バイクの輸入額は537万4000ドルで、1年前より228.6%増えた。また、日本製ペット飼料(78.5%)、ゴルフクラブ(61.4%)、お酒(15.2%)も輸入額が増加した。

しかし、全般的にはすぐに止まるものと予想されたが、日本製品の不買運動が1年が過ぎた今でも絶えず続いている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    止まらない日本製不買運動1年…ビール84%・乗用車51%輸入減少=韓国

    2020.08.10 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    日本ビール[中央フォト]
    TOP