주요 기사 바로가기

「逃亡者」カルロス・ゴーン氏、ホームレスに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.10 07:25
0
昨年末、日本で横領容疑などによって逮捕され、その後レバノンに極秘脱出した元ルノー・日産会長のカルロス・ゴーン氏が「ホームレス境遇」に陥った。9日、日本メディアの日刊ゲンダイDIGITALは、今月4日にベイルート港で発生した大規模爆発でゴーン氏の現地の豪華邸宅も完全に破壊されたと伝えた。彼は避難して、郊外に身を寄せているという。

 ブラジル生まれのレバノン系であるゴーン氏はベイルートで幼少期を過ごした。ゴーン氏の妻は5日、ブラジルメディアのインタビューで「家族は無事だが家が被害を受けた」と語っていたが、完全に破壊されたことが今回伝えられた。

ゴーン氏が、状況が悪化したレバノンから再脱出するのはさらに難しいというのが同メディアの分析だ。イスラエル・シリア・トルコなどが地理的に近いが、戦争などの状況で脱出ルートとして適しているとはいえない。トルコはすでにゴーン氏の日本脱出をほう助した一行7人を逮捕した。

同メディアは、今回のベイルート惨事でレバノン内の貧困層が急速に増加しながら、ゴーン氏のような特権層が憎悪の対象になることも否定できないと予想している。ゴーン氏がレバノンで活路を見出すのは容易ではないということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「逃亡者」カルロス・ゴーン氏、ホームレスに

    2020.08.10 07:25
    뉴스 메뉴 보기
    カルロス・ゴーン氏
    TOP