주요 기사 바로가기

米感染症研究所長「来年末には10億回分の新型コロナワクチン生産される」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.06 18:02
0
米国最高の感染症専門家に選ばれる米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は5日、来年末までに新型コロナウイルのスワクチン数億回分を確保し、新型コロナのパンデミックを克服できると話した。

ファウチ所長は5日、ロイター通信とのインタビューで来年初めには製薬会社が数千万回分の新型コロナウイルスワクチンを確保できそうだと話した。また、2021年末ごろには10億回分のワクチンが生産され、これにより新型コロナのパンデミックを克服できることを希望すると話した。

ファウチ所長は「連邦政府はかごに卵を1個以上入れた」とし、ワクチン開発にさまざまな可能性がある複数の企業を支援することを示唆した。その上で「われわれは後に臨床実験に入るとても包括的なポートフォリオを持っている」と付け加えた。

彼はその中で「年末までに少なくとも1種類のワクチンに効果があり安全性が確認されそうだ。承認されるほど効果の良いワクチンを持てるようになるものと慎重に楽観している」と話した。

だがこれは11月3日の大統領選挙までにワクチンを出さなければならないという米政府の圧力によるものではないと述べた。再選を狙うトランプ大統領にはワクチン開発が大統領選挙勝利のカギのひとつとして議論されるためだ。

ファウチ所長は、新型コロナウイルスワクチン承認と関連し保健当局が「政治的考慮事項のために妨害されないようにする」と約束しており、主要な考慮事項は「安全性と効用性」になると強調した。

一方、ファウチ所長は同日米CNNとのインタビューで、米国が最悪の新型コロナウイルス発生国かという質問に「そうだ」としながら、「量的に見ればそうだ。数字は嘘をつかない」と答えた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、世界の新型コロナウイルス死亡者のうち米国が占める割合は22%に達しており、感染者では25%を占める。

米国政府の対処に苦言を呈してきたファウチ所長は、「家族が殺害の脅迫を受け警護が必要なほど娘たちを悩ませているのは本当に驚くことだ。純粋な公衆衛生の原則に反対する人たちが科学世界であなたと私が話すことを実際に脅迫するほどに嫌いだということは夢にも想像できなかった」ともした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP