주요 기사 바로가기

国別「シェア過半数」のスマホはどれ?…韓国はサムスン、日本・英国はアップルが圧倒

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.06 16:01
0
1つのスマートフォンブランドが市場シェア50%以上を占める国は世界に6カ国だけしかないことが明らかになった。各国でスマートフォン「ビッグ3」〔サムスン電子・ファーウェイ(華為)・アップル〕はもちろん、後発走者の競争がそれだけ熾烈を極めているということだ。

市場調査企業のカウンターポイント・リサーチによると、特定ブランドのスマートフォン市場シェア(今年1ー3月期基準)が過半数を占めるのは、韓国と日本・英国・ベネズエラ・パラグアイ・ルーマニアの6カ国となっている。韓国ではサムスン電子が市場シェア68%で2位アップル(16%)、3位LGエレクトロニクス(15%)と大差をつけて1位だ。情報通信技術(ICT)分野の市場調査企業アトラス・リサーチ&コンサルティングの調査でも、サムスン電子の今年上半期の韓国スマートフォン市場のシェアは70.5%に達した。アップルとLGエレクトロニクスはそれぞれ15.4%、13.5%だった。

日本と英国ではアップルが圧倒的だ。アップルの日本スマートフォン市場シェアは56%だ。2位は日本メーカーのシャープで15%だ。サムスン電子は6%で3位となっている。英国市場ではアップルが50%で1位、サムスン電子(24%)とファーウェイ(10%)がそれぞれ2・3位を占める。サムスン電子は中南米国家のベネズエラと東欧ルーマニアでも圧倒的な1位を誇っている。ベネズエラ市場のシェアは67%に達し、ルーマニアでは57%で1位だ。パラグアイのスマートフォン市場1位はシェア57%のシャオミ(小米)となっている。

通常、国別スマートフォン市場トップのブランドのシェアは30~40%水準だ。欧州市場の場合、1位のサムスン電子が30%で、アップル(21%)とシャオミ(17%)が2~3位となっている(カナリス、4-6月期基準)。北米市場はアップルが36.8%で1位、サムスン電子は27.1%で2位となっている(SA、4-6月期基準)。中国と韓国ブランドが激しく競合中のインドの場合、市場1位のシャオミが29%、2位のサムスン電子は26%水準だ(カウンターポイント・リサーチ、4-6月期基準)。

これについてカウンターポイント・リサーチのイ・ユンジョン研究員は「ほとんどの国で市場1位ブランドのシェアが3分の1水準にとどまるが、シェアが50%を越えるということはそれだけ顧客ロイヤリティの基盤が盤石だということだ」と話した。国別に他のスマートフォン自給制比重と移動通信社の影響力、特定国家・ブランドに対する好き嫌い、貧富の格差など経済力差なども影響を及ぼしたものと分析される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    国別「シェア過半数」のスマホはどれ?…韓国はサムスン、日本・英国はアップルが圧倒

    2020.08.06 16:01
    뉴스 메뉴 보기
    中国深センのある大型電子商店街に主要スマートフォンメーカーのロゴが掲げられている。
    TOP