주요 기사 바로가기

サムスン電子がオンラインでギャラクシーアンパック行事、世界6500万人視聴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.06 15:12
0
5日午後11時、サムスン電子ギャラクシーアンパック(unpack・公開)行事が開催された。新型コロナウイルス感染拡大の影響で初めて世界にオンライン生中継された。今回のアンパック行事には約300人の世界ギャラクシーファンが画像で参加した。

進行を担当した無線事業部経験企画チームのフェデリコ・カサレ グノ専務が主な機能を紹介するたびに、ファンは各自の家で応援用の棒を振りながら歓呼した。サムスン電子もコメントを画面に出しながらリアルタイムでの消費者との意思疎通を強調した。

サムスン電子はこの日、サムスン電子ホームページ、サムスン電子ニュースルーム、サムスン電子ソーシャルメディアを通じてアンパック行事を視聴した観客が過去最多の5600万人と明らかにした。

行事は1時間半ほど行われた。アーティストのカリード(Khalid)、ゲーマーのMyth、アイドルグループの防弾少年団(BTS)が行事に参加した。カリードはギャラクシーノート20の軽さとカメラを最も好きな機能に選び、Mythはサムスン電子がマイクロソフトと協力で出すクラウドゲーム「Xbox Game Pass」を試演した。Xbox部門代表のフィル・スペンサー氏と生産性担当のフィリップ・マクリュア氏はサムスンギャラクシーノート20を通じて自社のクラウドゲームサービスを最も楽しむことができると強調した。マイクロソフトだけでなくグーグル、ネットフリックスなどグローバル企業との協業についても紹介した。

アンパック行事の最後の秘蔵の武器はギャラクシーZフォールド2だった。舞台の最後を輝かせたBTSはギャラクシーZフォールド2を開封し、ゲーム・写真撮影などの機能に革新が感じられると伝え、盧泰文(ノ・テムン)社長も今後発売されるギャラクシーZフォールド2に期待してほしいというメッセージを送った。

アンパック行事が異例にも国内で準備され、サムスンスマートフォン研究・デザイン・生産を担当する事業場が登場し、ギャラクシーノート20とZフォールド2を担当した開発者とデザイナーが自ら製品を説明した。ただ、連結問題の指摘や行事がやや退屈という意見もあった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子がオンラインでギャラクシーアンパック行事、世界6500万人視聴

    2020.08.06 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    5日、サムスン電子が初めてオンラインで「ギャラクシーアンパック2020」行事を開催した。サムスン電子無線事業部長の盧泰文(ノ・テムン)社長がオンラインで参加したギャラクシーファンとあいさつを交わしている。[サムスン電子提供]
    TOP