주요 기사 바로가기

【コラム】また穴が開いた警戒態勢…言葉だけの「特段の対策」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.05 13:26
0
ベトナム戦争中だった1967年2月14、15日、韓国海兵隊1個中隊がベトコン軍・ベトコン1個連隊を退けた。「チャビンドン戦闘」の勝利は警戒をする哨兵から始まった。2月14日夜、激しい風雨の中で聴音哨は茂みの中を動く音を聞いた。聴音哨は基地の外で敵の接近を早期に警報する役割を担う。聴音哨の報告で交戦が始まった。敵は翌日早朝、本格的に海兵基地を攻撃した。しかし聴音哨は今回も敵が密かに接近するのを把握した。2度も奇襲に失敗した敵は、海兵隊の激しい反撃を受け、200人の死者を残して逃げていった。

戦争で警戒が重要だという事実はチャビンドン戦闘だけの教訓ではない。世界の戦争史では警戒が勝敗を分けた戦闘が多い。相次ぐ韓国軍の警戒失敗事故に対して憂慮が深まる理由だ。

韓国軍は昨年6月、北朝鮮の木船が江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)港にゆうゆうと入ってきたが、これに全く気づかなかった。当時、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官が国民に謝罪し、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀議長は厳重警告を受けた。今年5月には中国から小型ボートに乗って忠清南道(チュンチョンナムド)泰安(テアン)に密入国する事件が発生した。密入国した中国人は陸地で捕まった。そのたびに軍当局は「特段の対策」を約束した。しかし先月、脱北者男性K(24)が仁川市(インチョンシ)江華(カンファ)の鉄条網を通過して北朝鮮に渡った。

Kの北朝鮮再入国事件は軍の警戒の弱点をそのまま表したという評価だ。民間人統制線検問所の勤務者は、Kが未明にタクシーに乗って北朝鮮から近い燕尾亭に降りたが、住民と見なしてそのまま放置した。警戒部隊は毎日巡察しながらも、排水路の鉄筋と鉄条網は点検しなかった。このためこれら障害物の隙間が広がっていた事実を全く把握していなかった。水も漏らさないと自慢した軍の先端科学化警戒システムは、Kが漢江(ハンガン)河口を泳いでいく姿を撮りながらも逃した。

これは合同参謀本部の戦争体勢検閲団が明らかにした問題点だ。このほかにもまだある。鄭景斗長官がその後しばらくしてからKの越北を知ったという点だ。先月28日の国会国防委員会で、鄭長官は「Kの越北の可能性をいつ最初に知ったのか」という李チェ益(イ・チェイク)未来統合党議員の質問に対し「(先月26日)午前7時-7時半ごろ(徐薫)青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)安保室長の電話を受けて初めて認知した」と答えた。先月26日、北朝鮮国営メディアは午前6時にKの北朝鮮再入国を報じた。軍事境界線(MDL)を守る国防部の長官が1時間遅く、それも青瓦台から関連事実を伝え聞いたという。

国軍情報司令部は北朝鮮メディアをモニタリングした後、これを含む主要情報事項を毎朝、国防長官に報告する。それでも長官は知らなかったのだ。関連事実をよく知る軍情報筋は「軍当局は北への再入国を先に確認してから後ほど長官に知らせようとした」とし「長官側が『北が脱北者の越北を報道したか』と先に尋ね、騒ぎになった」と伝えた。続いて「今後は確認されていなくても、ひとまず報告をすることに方針を変えることにした」と述べた。

鄭長官は合同参謀本部議長時代から警戒態勢の強化を強調していた。長官になった後、「警戒態勢の徹底」を口癖のように話してきた。国防部の内部で「鄭長官の号は『警戒』」という冗談が広まるほどだった。昨年の北朝鮮木船の三陟入港事件以降、警戒人員を増やすなど警戒システムを改善した。それでも鄭長官の在任中に重大な警戒失敗事故が3度も発生した。

なぜか。警戒システムの問題というよりも精神的警戒態勢の問題というのが、軍内部の一致した見解だ。精神的な警戒態勢はよく「軍紀」と呼ばれる。先端装備を備えても、運用は結局、人間がするものだ。数多くの監視装備から送られる画面の中から異常兆候を見つけだすのは将兵の役割だ。安易な態度で過ごさないよう将兵を叱責、激励しながらモチベーションを与えるのが指揮部の仕事だ。指揮部が役割を果たさないため軍事境界線は誰でも越えられるラインになってしまった。

昨年、北朝鮮が相次いで短距離ミサイルを発射したが、軍には南北の和解と協力を強調すべきという指針が下された。匿名を求めた将星は「現政権では『国防白書』から『北朝鮮軍=敵』という言葉を削除した」とし「北全体を敵とみなすのは私も反対する。しかし北の政権と軍は明らかに我々の敵」と語った。続いて「最近、北の政権も軍も敵と呼ぶことができないため、将兵の軍紀は緩むしかない」と吐露した。

もしスパイでない一人の脱北者が韓国が嫌で北に戻るように放置するのが大したことではないと考えているのなら、指揮部は考え直す必要がある。ハインリッヒの法則によると、大型事故1件が発生する前に29回の軽微な事故と300回ほどの危険要素が存在する。安全保障という堤防は警戒の失敗という小さい亀裂から崩れる。

イ・チョルジェ/軍事安保研究所長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP