주요 기사 바로가기

【社説】与党、検察総長の「独裁排撃」発言を自省のきっかけに=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.05 10:54
0
崔章集(チェ・ジャンジブ)高麗大名誉教授は「文在寅(ムン・ジェイン)政権の登場は、進歩と保守の二極化と民主主義の危機を招いた」と指摘した。左派的ポピュリズムを根拠に批判を許容しない権威主義政府のような権力運営は、全体主義の習性を見せることになったということだ。

今年4月の総選挙で与党が勝利し、こうした現象はさらに激しくなっている。不動産対策、高位公職者犯罪捜査処などに関する各種法案を一瀉千里に通過させ、詭弁と自画自賛で一貫している。自分たちに対する検察の捜査と市民社会の監視を決して容認しないのもそうだ。秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官になった後、傍若無人のように行われている捜査干渉と人事専横が代表的な例に挙げられる。

特に尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長が一昨日、新任検事申告式で「民主主義の仮面をかぶった独裁と全体主義を排撃しなければいけない」と述べたことに対して与党側が反撃をするのは、いかなる批判も受け入れないというこの政権の態度を表している。積弊清算を名分に数百人の保守政権関係者に検察の捜査網を投げた時は「我々の尹総長」と言っていた人たちが、自分たちに向かう指摘に対しては「反政府闘争宣言」と人身攻撃に近い非難をしているのだ。

もちろん尹総長にも欠陥がないわけではない。この政権に入ってソウル中央地検長に抜てきされた後、捜査を通じて検察と政界を触りながら各種副作用をもたらした。公平でない検査人事と強引な捜査のために検察内外で批判の対象にもなった。

しかしチョ・グク元法務部長官事件をきっかけに政府側の人たちが尹総長を政敵と規定して攻撃を加えるのを見ると、「この人たちに法治主義を守る意志があるのだろうか」という疑心を抱かせる。尹総長が自身を任命した政府に向けて「自由民主主義は法の支配を通じて実現する」と発言するくらいなら、どれほど深刻な状況だろうか。

同日、秋長官が新任検事らに「自らには秋霜のように厳格に、しかし相手には春風のように温かい心を持ってほしい」と注文したが、心に響かないのはなぜだろうか。「生きた権力」に対する捜査を阻止するために捜査チームを解体し、検察総長職級を次官級に引き下げ、検察総長の捜査指揮権を剥奪すると脅しながら、正義を語る資格があるのだろうか。

尹総長と検察も法治を通じた本当の民主主義を実現するというのなら、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の蔚山(ウルサン)市長選挙介入事件はもちろん、尹美香(ユン・ミヒャン)議員の正義記憶連帯資金横領などを迅速かつ徹底的に捜査しなければいけない。朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長の権力型セクハラ疑惑も同じだ。与党側の人たちが尹総長の発言を市場自由主義と法治主義について一度くらい自省するきっかけにすることを願う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP