주요 기사 바로가기

安倍首相、官邸で吐血? 日本週刊誌が火をつけた健康異常説

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.05 07:06
0
安倍晋三首相の健康異常説が世間を駆け巡っていることを受け、日本政府が「首相の健康には問題がない」という立場を明らかにしたと朝日新聞など日本のメディアが4日、報じた。

この日、発売された写真専門週刊誌「FLASH(フラッシュ)」には「安倍首相が7月6日官邸で吐血していたという情報がある」という内容の記事がのせられた。菅義偉官房長官はこの日、定例記者会見で関連質問を受け「私が毎日首相に会っている。(首相は)淡々と職務に専念している。(健康に)全く問題がない」と述べた。

安倍首相は今年の定期国会閉会翌日である6月18日、記者会見以降公式ブリーフィングを開かず1カ月以上引きこもる姿を見せ、「体調が悪いのではないか」といううわさが立っていた。また、日本の新聞に毎日公開される「総理の一日」で退勤後特別な約束なしに直ちに私邸に戻ることが多く、このような疑問を拡大した。

4日付日本の主な日刊紙に掲載された安倍首相の前日(3日)の動向をみると、午前9時56分執務室に出勤してメディアインタビューと党政調会議など12件の日程を消化して午後6時37分に退勤した。

安倍首相は第1次安倍内閣(2006年9月~2007年9月)当時、持病である潰瘍性大腸炎が悪化したことを理由に首相職から退いた。2012年再び首相に挑む際、過去の病歴が取り上げられて健康をめぐる論議が起きたが、「新薬のおかげで完治した」と明らかにしたことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍首相、官邸で吐血? 日本週刊誌が火をつけた健康異常説

    2020.08.05 07:06
    뉴스 메뉴 보기
    安倍晋三首相
    TOP