주요 기사 바로가기

強制徴用企業の資産差し押さえ迫る…原告側代理人「日本の報復措置は不法、非理性的」

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.03 16:08
0
日帝強制徴用加害企業の日本製鉄(旧新日鉄住金)の韓国国内資産差し押さえに関する韓国裁判所の手続きが4日0時から始まる。実際、差し押さえ資産の売却および賠償には相当な時間がかかるが、日本が報復を示唆していることを受け、原告側が日本政府を批判した。

共同通信は3日、徴用工訴訟の原告側の代理人イム・ジェソン弁護士が前日夜に声明を出し、日本政府の報復措置について「適法で正当な法執行手続きに対して他国が報復するのは不法であり非理性的」と批判した、と報じた。イム弁護士が「(日本企業が)責任感を持ってこの問題に対応することを希望する。協議を望むのなら応じる用意がある」と話したことも伝えた。

一方、菅義偉官房長官は1日、現金化について「あらゆる対応策を検討し、方向性はしっかり出ている」と述べている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    強制徴用企業の資産差し押さえ迫る…原告側代理人「日本の報復措置は不法、非理性的」

    2020.08.03 16:08
    뉴스 메뉴 보기
    強制徴用労働者像
    TOP