주요 기사 바로가기

新型コロナの起源は中国…ところが初期感染者の4人に1人がイタリアと関連

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.03 09:25
0
世界の新型コロナウイルス流行初期の感染者の4人に1人がイタリアと関連するという研究結果が出た。3月11日から世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスパンデミックを宣言する前までの11週間の感染者の感染源を調査した結果だ。

AFP通信などが2日に報じたところによると、米疾病対策センター(CDC)の研究チームが新型コロナウイルス流行初期の感染事例と流入経路を分析した結果、「イタリア発」が占める割合が27%で最も多かった。イタリアに旅行に行ったり、旅行者と接触した人たちが新型コロナウイルス陽性判定を受けたのだ。次いで新型コロナウイルスの発生地とされる中国が22%、イランが11%と続いた。これら3カ国は新型コロナウイルス流行初期に急速に感染者が増えた国だ。こうした研究結果は医学専門誌「ランセット」に掲載された。

CDCの研究チームは各国保健当局の報告書と報道資料などを収集してこうした分析結果を得た。研究チームは「すでにウイルスが広範囲に広まっていた国からの人的往来が世界的な拡散につながった可能性を示唆する」と明らかにした。また「研究に引用された各国の初めての陽性事例は防疫当局が初めて捕捉・確認した事例という意味。各国のウイルス検査能力に差があるという点を考慮するとそれ以前にも感染者がいた可能性がある」と付け加えた。

このほかCDC研究チームはWHOのパンデミック宣言前に発生した29カ国101件(感染者386人)の集団感染事例を分析した結果、「75%ほどが家庭内で感染したことが明らかになった」と明らかにした。このほか団体観光、宗教会合、夕食会などでも集団感染が頻発した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新型コロナの起源は中国…ところが初期感染者の4人に1人がイタリアと関連

    2020.08.03 09:25
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP