주요 기사 바로가기

韓国、週末の大雨で少なくとも15人死亡・行方不明…気象庁予想できず「後手の中継庁」批判殺到(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.03 07:43
0
◆気象庁、台風の影響による「水爆弾」予測できず… 「天気中継庁か」

今年の夏に入り、局地的集中豪雨やゲリラ豪雨が頻繁に起きるようになったが、気象庁の予測は外れる場合が多かった。2日未明に人命被害を出した大雨降水地域も正確に予測することができなかった。そのためネット上では気象庁のことを「中継庁」「誤報庁」などと揶揄する表現が増えた。今年に入ってとりわけ気象庁の降水予報が外れているのはさまざまな理由がある。まず、温暖化によって暖かくなった北極が夏の降水予測を難しくさせる変数になった。気象庁が例年のパターンから外れる長い梅雨、中部地方に集中した梅雨、局地性の激しいにわか雨などを正確に予測することができなかった背景だ。梅雨明け予想も、降水予測も外れた。これについて気象庁は「忠清道の降水地域は、ソウルや京畿から30キロメートル離れたところで、通常の誤差範囲だったが、地域が違っていたため予報にあまり気を使っていなかった可能性もある」と明らかにした。

特に今年は梅雨が長引いているうえに台風の影響が重なった。北の冷たい空気と南の暖かい空気が激しくぶつかり合った状態で、この間に挟まった梅雨前線が中部地方に長く留まったために梅雨が長くなった。ここに台風の影響が加わり、中部地方の水爆弾を作り出した。2日現在で40日目を記録している中部地方の梅雨は、10日まで続くものと予想されている。

気象庁が今年6月、韓国型気象予報モデル「KIM」を実戦導入した後、単純な降水予測すら頻繁に外しているという指摘もある。気象庁関係者は「狭い地域に降る局地的豪雨は、世界のどのモデルも正確に予測することはできない」とし「だが、地方自治体が突然発生する集中豪雨に備えることができるように、精密な地域予報をもう少し早く出せるように絶えず研究している」と説明した。

一方、南部地方の大部分には猛暑特別警報が下された。気象庁は南部地方は4日までの日中の気温が33度以上になる場所が多いうえ、湿度まで加わり非常に蒸し暑く、熱帯夜となるところもあると予想した。 韓国、週末の大雨で少なくとも15人死亡・行方不明…気象庁予想できず「後手の中継庁」批判殺到(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP