주요 기사 바로가기

在日米軍司令官、尖閣紛争に言及…「米国は日本助ける義務まっとうする」

ⓒ 中央日報日本語版2020.07.30 11:15
0
在日米軍のシュナイダー司令官が中国と尖閣諸島で状況が発生する場合、日本を支援するという意向を明らかにした。

日本メディアの報道によると、シュナイダー司令官は29日にインターネットを通じて行った記者会見で、中国が「北京は東シナ海と南シナ海で攻撃的で悪意ある行動を続けている」

として2つの海域で支配力を強化しようとする中国を批判した。

続けて中国当局の船舶が尖閣諸島に最近100日以上にわたり接近を続けている点を上げ、中国が「いまだかつてないレベルで日本の領海に侵入している。尖閣諸島の状況についてアメリカが日本政府を助ける義務をまっとうする」と述べた。

彼はまた、東シナ海と南シナ海での中国の影響力拡大の動きを狙って「中国対米国ではなく中国対世界の話。多国間間協力を通じて中国の過激な行動に対処しなければならない」との見方を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP