주요 기사 바로가기

一日の感染者数6万人も…トランプ大統領「米国の大部分はコロナ清浄地域」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.29 15:48
0
米国で一日の新規感染者数が6万人台となっている中、トランプ米大統領が「米国のほとんどの地域は新型コロナウイルス感染症清浄地域(corona free)」と主張し、論議を呼んでいる。

米ニューヨークタイムズ(NYT)によると、トランプ大統領は28日(現地時間)、ホワイトハウスで会見し、「わが国のほとんどの地域はコロナ清浄地域」とし「なぜコロナウイルスに関連して私と政府の支持率が高くないのか」と不満を表した。

同日、米連邦政府が出した「コロナ報告書」は全く異なる分析をした。報告書は米50州のうち人口10万人あたり100人以上の新規感染者が出ている21州を「赤色区域」に分類した。人口10万人あたり10-100人の新規感染者が出た28州は「黄色区域」に指定された。清浄地域を意味する「緑色区域」はバーモント州だけだった。

米国国内の新規感染者数も連日、最高水準となっている。国際統計サイトのワールドメーターズによると、7月に5万人台だった米国の一日の新規感染者数は24日に約7万8000人で最多となった。累計感染者数は約450万人、死者数は約15万人にのぼる。

この席でトランプ大統領はマラリア治療薬ヒドロキシクロロキンに言及し「私は(ヒドロキシクロロキンが)新型コロナの初期症状に効果があると考える」とし「安全の観点で見ると、この薬は安全だ」と述べた。

トランプ大統領はコロナ事態の初期からヒドロキシクロロキンなどの使用を推奨したが、先月、米食品医薬品局(FDA)は血液およびリンパ系疾患など深刻な副作用が生じる恐れがあるという報告書を発表した。米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長も「臨床試験の結果、ヒドロキシクロロキンはコロナウイルスに効果がないということが明らかになった」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP