주요 기사 바로가기

釜山港に続き仁川港でもロシア船員が新型コロナ感染

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.29 13:26
0
釜山(プサン)港に続いて仁川(インチョン)港でも入港船舶で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に感染した。釜山港以外の港湾で感染した船員が確認されたのは今回が初めてだ。

29日、仁川地方海洋水産庁によると、26日午後2時仁川北港に入ってきたロシア国籍の6800トン級貨物船に乗っていたロシア船員1人の感染が確認された。この船舶は21日、ロシア・ウラジオストクで屑鉄をのせて出発したことが把握された。防疫当局はこの船舶に乗っていたロシア国籍の船員20人を対象に検体検査を進めた。検査結果、この日午後Aさん(60代男性)の感染が確認され、残りの19人は陰性と判明された。彼らは全員無症状状態だったことが分かった。防疫当局はAさんを仁荷(インハ)大学病院に搬送し、残りの船員は船内に隔離措置した。また、船舶を消毒して船員の隔離措置が終わる14日後に貨物をおろすことにした。

これに先立ち、釜山では先月23日、釜山港に入港したロシア船舶で感染者が19人発生して以来一カ月間ロシア船舶で船員90人以上が感染した。船員と接触してから感染が確認された内国人と接触した知人が感染する地域への二次感染も発生した。釜山港でロシア船員による集団感染が相次ぐと、防疫当局は仁川港など他の港湾に入港したロシア船舶内船員を対象に新型肺炎検査を実施してきた。

仁川海水庁関係者は「ロシア船舶の入港当時、水先人が事前に防護服を着用して全体船員を対象に検査を行った」とし、「現在まで追加感染はないことが分かった」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    釜山港に続き仁川港でもロシア船員が新型コロナ感染

    2020.07.29 13:26
    뉴스 메뉴 보기
    仁川港の北港全景。[写真 仁川港湾公社提供]
    TOP