주요 기사 바로가기

【コラム】活気を取り戻した韓国プロ野球、ファンがやるべきこと

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.28 15:17
0
#1.ハンファ・イーグルスのノ・テヒョン(25)は先月13日、「乱世の英雄」に生まれ変わった。大田(テジョン)での斗山(ドゥサン)ベアーズ戦の9回裏、二死一、三塁からサヨナラ安打を放った。ハンファは悪夢の18連敗に終止符を打った。ノ・テヒョンは2014年、2次ドラフト第10ラウンドという最終順位で指名を受けた。入団7年目の今年、初めて1軍の舞台を踏んだ。ノ・テヒョンは翌日の電話インタビューで「いつかハンファのファンに自分の名前を知らせたかった。このような日がくるとは信じられない」と感激に浸った。ある選手はデビューと同時に主人公になる。ノ・テヒョンはあまりにも長く夢を見てきた。ノ・テヒョンは「プロ野球選手なら誰でもファンの応援の中でプレーしたいという思いがある。過去6年間はその機会をつかめなかった。今後もっと頑張ってファンの記憶に深く残りたい」と語った。

#2.フューチャーズ(2軍)リーグの選手はサウナを嫌う。真夏の昼の試合の暑さは彼らにとって事実上のサウナだ。球場のライトをつければ電気料金が100万ウォン(約9万円)かかる。必ず日が沈む前に試合を終えなければいけない。その彼らが話す2軍の最もつらい点は「ファンがいないところで試合をする」ことだ。2軍のオールスター戦でMVPに選ばれたことがあるロッテ・ジャイアンツのチョン・ジュンウは「2軍はホームランを打っても歓呼する人がいない。エラーをしても非難する人がいない。ファンのヤジさえも懐かくなることがある」と語った。

#3.プロ野球選手にとってファンはこのような存在だ。あるファンは選手に劣らないストーリーで感動を与える。起亜タイガースが光州(クァンジュ)無等(ムドゥン)球場を使用していた時代、70代後半のナ・スンナムさんは「三振ハルモニ(=おばあさん)」と呼ばれて有名だった。相手チームの打者に向かって「三振!三振!」を叫ぶが、その声は成人男性よりも大きく響いた。80歳を超えるファンのイさんは暑くても雨が降っても釜山(プサン)社稷(サジク)球場の観客席に座っている。スーツ姿で30年間、1番前の席に座ってチェ・ドンウォンの奪三振と李大浩のホームランを見守った。

#4.野球は「記録」のスポーツだ。それ以前に「記憶」のスポーツだ。良い記録を残した選手よりもファンに愛された選手が長く記憶される。そのような意味で26日は今季のKBOリーグの最高の日だった。新型コロナウイルス事態以降、観客席の出入口が初めて開かれた。まだ全体座席数の10%だが、ようやく球場にファンの拍手と応援が響いた。選手もフロントも喜んで「本当にシーズンが始まったようだ」と語った。

球場の本当の主のファンと一緒にし、みんなが幸せな祭りの日だった。しかし一つ心配が生じた。マスクを外して大声で団体応援をした一部のファンのためだ。応援団長が何度か「肉声の応援は自粛してほしい」と伝えたが、盛り上がっていたファンは聞き流した。ようやく戻ってきた球場の活気が再び失われるかもしれない。大切なものを守るには常に努力が必要だ。

ペ・ヨンウン/野球チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP