주요 기사 바로가기

大混乱に陥った日本の自動車産業…トヨタ・ホンダ・三菱の相次ぐ工場閉鎖

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.28 07:04
0
一時「リショアリング」(生産施設の本国回帰)の模範に選ばれた日本が完成車工場を相次ぎ閉鎖している。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)などによる需要急減で自国内生産量縮小に出たわけだ。世界の自動車市場が激変しつつある中、韓国も似たような状況を迎える可能性があるという懸念の声が上がっている。

27日、自動車業界によると、経営危機を体験している三菱自動車は岐阜県坂祝町の工場を3年内に閉鎖することにした。この工場は中型スポーツ用多目的車(SUV)の「パジェロ(PAJERO)」を生産している。現代精工(現・現代モービス)が免許生産(1991~2003年)していた「ギャロッパー(GALLOPER)」の本来のモデルだ。三菱は工場閉鎖とともにパジェロの生産中止も決定した。三菱が日本国内の工場を閉鎖するのは2001年名古屋大江工場以降初めてだ。

ルノー・日産とアライアンスを結んでいる三菱は、2020会計年度(2020年4月~2021年3月)に3600億円の赤字を見通した。日本経済新聞はこの会社が近い将来1000億円規模の費用削減案を打ち出す予定だと報じた。

これに先立ち、トヨタは静岡県東富士工場の閉鎖を決定し、ホンダも来年までに埼玉県にある狭山工場を閉じることにした。

韓国自動車業界も新型肺炎の衝撃から抜け出せずにいる。上半期の自動車生産は162万7534台となった。昨年同期より19.8%減った。個別消費税の引き下げ効果で内需販売は悪くなかったが、新型肺炎で輸出が急減しているからだ。上半期の自動車生産量は2009年上半期(152万9553台)以降11年ぶりに生産最も少なかった。

大徳(テドク)大学自動車学科のイ・ホグン教授は「日本は人口に比べて(自動車の)内需市場(450万台)が韓国(155万台)より大きい。輸入車の市場シェアが小さいにもかかわらず自国の生産工場を閉鎖するというのは需要の崖に備えた先制的な措置と捉えるべきだ」と話した。また「韓国が労使関係の合理化で生産コストを減らして部品サプライチェーン、販売システムなどを効率化しなければ日本の道を踏襲しないという保障がない」と警告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大混乱に陥った日本の自動車産業…トヨタ・ホンダ・三菱の相次ぐ工場閉鎖

    2020.07.28 07:04
    뉴스 메뉴 보기
    トヨタ・プリウス [写真=韓国トヨタ]
    TOP