주요 기사 바로가기

孫正義会長にもコロナの影響…「巨額投資したARM、アップル・エヌビディアに買収打診」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.24 16:06
0
孫正義会長が率いるソフトバンクがアップルとエヌビディアにARMの買収を打診したと、ブルームバーグなど海外メディアが23日(現地時間)報じた。

ARMはスマートフォンなどモバイル機器に搭載されるモバイルAPを事実上独占設計する企業。アップル、サムスン電子、クアルコム、ファーウェイ(華為技術)などがすべてARMのアーキテクチャーを基盤にモバイルAPを設計する。

ブルームバーグなどによると、ソフトバンクは最近、アップルとエヌビディアにARM買収意思を打診した。ソフトバンクは2016年、320億ドルを投入してARMを買収した。孫会長は当時、「囲碁でいえば飛び石。10手先、50手先を考えて打った」と発言し、話題になった。現在、ARM株の75%はソフトバンクが、25%は子会社ビジョンファンドが保有している。

ARM株の売却の動きには、新型コロナウイルス感染症の影響とスタートアップへの投資失敗で経営難を迎えたソフトバンクが危機を脱する狙いがあると解釈される。

ソフトバンクがARM買収を打診したアップルはARMの設立を主導した。iPhoneとiPadに使用されるAシリーズモバイルAPはARMアーキテクチャーを基盤とする。

世界最大グラフィック処理装置(GPU)設計・製造企業のエンディビアは8日、インテルを抑えて米国半導体企業で時価総額1位になった。ソフトバンクは2017年、エヌビディア株約40億ドル分を売却している。

業界ではアップルとエヌビディアがARMをまるごと買収する可能性は低いとみている。アップルの場合、ARMを買収する場合、反独占規制を受ける可能性がある。サムスン電子などライバル企業がすべてARMライセンスを使用しているからだ。エヌビディアの場合、主力製品のGPUがARMと技術的関連性が大きくないうえ、関心を持つサーバー市場でARMの影響力は小さい。ソフトバンクがARMを買収して過度に価格を高めたという点も売却の可能性を低めている。このため企業公開(IPO)や一部の株が売却されるという見方が多い。

これに先立ちウォールストリートジャーナル(WSJ)は13日(現地時間)、ソフトバンクがARMの部分売却、全体売却またはIPOまで、さまざまな案について検討作業を始めていると報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    孫正義会長にもコロナの影響…「巨額投資したARM、アップル・エヌビディアに買収打診」

    2020.07.24 16:06
    뉴스 메뉴 보기
    孫正義ソフトバンク会長[中央フォト]
    TOP