주요 기사 바로가기

韓国の4-6月期経済成長率、通貨危機の時より低かった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.23 10:02
0
韓国経済が2四半期連続で後退した。韓国銀行が23日発表した「2020年4-6月期の実質国内総生産(GDP)」(速報値)によると、4-6月期の実質国内総生産は前四半期に比べ3.3%減少した。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大で輸出が大幅に減ったためだ。消費は回復したが、これを相殺するほどではなかった。

-3.3%は当初の予想(-2%初中盤)を大きく下回るものだ。四半期別成長率では通貨危機のの時である1998年1-3月期(-6.8%)以降22年ぶりに最も低い数値だ。また、1-3月期(-1.3%)に続いて2四半期連続でマイナス成長率だ。成長率が2四半期連続で後退したのは2003年1~3月期、4-6月期以降17年ぶりのことだ。

大幅に減少した輸出が直撃弾だった。4-6月期における輸出は、自動車、石炭および石油製品などを中心に1-3月期より16.6%減少した。前年同期に比べても13.6%減少した。1974年10-12月期(-17.9%)以降落ち幅が最も大きかった。投資も振るわなかった。建設投資と設備投資がそれぞれ1.3%、2.9%減少した。それでも消費が回復することで大きな衝撃を防いだ。民間消費は乗用車や家電製品のような耐久材を中心に1.4%増加し、政府消費も1%増えた。

国内生産活動により発生した所得の実質購買力を示す国内総所得(GDI)は2.0%減少した。2008年10-12月期(-3.4%)以来最も低い数値だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の4-6月期経済成長率、通貨危機の時より低かった

    2020.07.23 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    韓国銀行が23日発表した「2020年4-6月期の実質国内総生産(GDP)」(速報値)によると、4-6月期の実質国内総生産は前四半期に比べ3.3%減少した。
    TOP