주요 기사 바로가기

「秋美愛法務長官の傲慢、朴元淳前ソウル市長疑惑には触れず…大統領は言いたいことだけ演説」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.17 08:45
0
「今この国に何が」。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が第21代国会開院演説のために国会を訪れる4時間ほど前の16日午前9時30分、国会本庁の未来統合党非常対策委員長会議室の背景にはこのような文字が書かれていた。金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長体制で使ってきた「変化それ以上の変化」を変えたのだ。

朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表は緊急記者懇談会を開き、文大統領に10項目の公開質疑をした。「フェミニスト大統領を自負していた大統領の沈黙と民主党の味方擁護に対し、女性と国民の失望と怒りが強まっている」とし、国民に対する謝罪を要求した。

この日、統合党の議員は「民主党のパワハラ、民主主義の崩壊」と書かれたリボンを胸に付け、黒いマスクをして文大統領の演説を聞いた。

演説が終わった後、朱院内代表は「大統領は言いたいことばかりを話し、国民が聞きたいと思っている言葉がなかったという点で非常に失望した」と述べた。統合党のペ・ジュンヨン報道官は「南北共同連絡事務所まで爆破した北、秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の傲慢と独善、セクハラ疑惑を受ける故朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長にはあえて触れなかった」と論評した。

開院式を終えて文大統領は与野党指導部と歓談し、「各党代表を青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)に迎える機会を待っている」と話した。朱院内代表の10項目の質問に対しては、姜キ正(カン・キジョン)政務首席秘書官を通じて答えると伝えたという。その後、姜首席秘書官は記者から朴前市長関連の質問を受けると、「うーん…我々が何を答えるべきなのか。ソウル市の問題は我々が答える問題ではないはず。また何を話せばよいのか」と語った。

これに先立ちこの日午前の本会議では全海チョル(チョン・ヘチョル)民主党議員が情報委員長に選出され、国会の18の常任委員長(予算決定特委含む)を民主党がすべて占めることになった。統合党と国民の党は表決に参加しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「秋美愛法務長官の傲慢、朴元淳前ソウル市長疑惑には触れず…大統領は言いたいことだけ演説」

    2020.07.17 08:45
    뉴스 메뉴 보기
    朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表
    TOP