주요 기사 바로가기

韓国仁川地域の水道水「幼虫ショック」、華城市などに拡散中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.16 16:12
0
仁川(インチョン)で「水道水の幼虫」関連の届出が100件以上寄せられた中、最初の届け出があった西区以外に富平(プピョン)・桂陽(ケヤン)でも苦情が相次ぎ、幼虫問題の原因究明が難航している。

16日、仁川市によると、水道水の幼虫関連の苦情14件以上が受理された富平区と桂陽区は富平浄水場から水が供給される地域だ。幼虫が発見された公村(コンチョン)浄水場の水系地域に属していない。先に公村浄水場内の活性炭フィルター(微量の有機物質をろ過する装置)とこの浄水場に関連付けられた西区の配水池2カ所で相次いで幼虫が発見された。市は、浄水場内で発生した幼虫のうち、浄水過程で塩素で消滅しなかった一部の水道管を通って家庭に流れたものと推定している。

しかし、調査の結果、富平浄水場内のフィルターからは幼虫が発見されなかった。市は、西区の水道水幼虫発生件とその他の幼虫発生の件は別個としてみている。公村浄水場とは異なり、活性炭フィルターがある他の浄水場は密閉されており、粒子が細かい一般のフィルターを使っているため幼虫が出る可能性が少ないというのが仁川市の説明だ。公村浄水場はオゾン酸化施設を造成する過程で密閉されていなかったことがわかった。市の関係者は「水タンクと貯水槽の管理に誤りがあったり、排水口などの水が溜まるところに幼虫が卵を産んだりした場合がある」とし「一部の地域では家庭用の蛇口やシャワーフィルターから幼虫が発生した可能性もある」と述べた。

西区以外の地域での幼虫が出てきて幼虫問題の原因を究明するには時間がかかる見通しだ。市は公村浄水場で発見された幼虫と苦情が寄せられた家庭で発見された幼虫のDNAが一致するかどうか調べている。現在までに苦情が発生した地域の直水管13カ所からは幼虫が発見されていないことがわかった。

京畿道(キョンギド)でも「水道水に幼虫が見える」という届出が相次いだ。華城(ファソン)市によると15日、華城東灘(トンタン)地域のマンションで幼虫関連の苦情が3件あった。華城市の関係者は「1次現場の残留塩素が適合基準で測定され、配水池の汚染問題はないものと判断している」とし「精密水質検査を追加で行う計画」と明らかにした。

始興(シフン)でも16日、家庭の水道水でも幼虫が発見されたという届出が受理され、市が調査中だ。始興の届出が受理された地域内の水道水は、延盛(ヨンソン)浄水場から供給されている。この浄水場は浄水過程で活性炭を使用していないことがわかった。

一方、水道水の幼虫について、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)国民請願掲示板には、関係者を処罰してほしいという投稿があった。この請願は「15日のニュースを見て家に帰って確認するとシャワーフィルターには、幼虫の死骸があちこちにあった」とし「先日妊娠した妻と赤ん坊がこんなに汚れた水を口にして生活していたと考えると、血が逆流しそうだ」と書いた。続けて「仁川の赤い水道水に続き、幼虫水道水は人災」と市の上水道事業本部関連担当者の処罰を要求した。

パク・ヨンギル仁川市上水道事業本部長は15日、「水道水でご心配おかけし、改めて謝罪する」とし「管網中の水を交換する作業を行い、市民が安心して水道水を使えるようにする」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国仁川地域の水道水「幼虫ショック」、華城市などに拡散中

    2020.07.16 16:12
    뉴스 메뉴 보기
    水道水の幼虫
    TOP