주요 기사 바로가기

ADB仁川総会、新型コロナの影響で2023年に延期

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.14 14:52
0
今年9月に仁川(インチョン)の松島(ソンド)で開催される予定だったアジア開発銀行(ADB)年次総会が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2023年に延期された。

韓国の企画財政部によると、今年9月18-21日に仁川で開催される予定だった第53回ADB年次総会はADB本部が主管するテレビ会議で進行される。仁川総会は2023年に延期される予定だ。

企画財政部は6月末からADBと事前協議、関係部処協議をした後、今月3日にADBに年次総会の延期を公式要請し、フィリピン・マニラでのADB理事会で議決された。今回の決定は、新型コロナの感染拡大が世界的に続いてる中、国内外の出席者と国民の安全を最優先に考慮する必要があるという判断のためだ。企画財政部は「各国の旅行制限や防疫による行事規模の縮小で実効性のある年次総会になりにくい点も総合的に勘案した」と説明した。

 
韓国の2023年の第56回仁川年次総会開催は、理事会の議決に対する加盟国の承認が必要な事案であり、9月の総会で確定する予定だ。企画財政部のホ・ジャン国際経済管理官(次官補)は「現在まで2023年総会の招致意思を表した国がない点、過去の年次総会延期事例などを勘案すると、韓国の2023年(ADB総会)延期開催は難しくないはず」と述べた。

今年のADB年次総会の代わりに開かれるADB本部主管のテレビ会議は9月17日から2日間の日程で行われる。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が現議長としてガバナー総会を開く。総会は次期議長団選出などの案件を処理するための略式ビジネスセッション、ASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3閣僚会議、セミナーなどの付帯行事で構成される。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP