주요 기사 바로가기

朴元淳ソウル市長長男、喪服で葬儀室到着…記者の質問には沈黙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.12 09:36
0
英国に滞在中だった朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の長男の朴ジュシン氏が11日夕方にソウル大学病院葬儀場に用意された葬儀室に到着した。

朴氏はこの日午後8時40分ごろに車で病院に到着した。固い表情の彼は「どのような心境か」「父親と最近いつ連絡したか」などの質問には何も答えず早足で葬儀室に入った。ソウル市関係者ら10人ほどが朴氏をエスコートした。

ロンドンのヒースロー空港から出発した朴氏はこの日午後1時47分に仁川(インチョン)国際空港に到着した。新型コロナウイルスの流行後、海外からの入国者は2週間隔離することになっている。だが入国前に在外公館を通じ「隔離免除書」の発行を受ければ隔離が免除される。隔離免除書発行事由には「その他公益的または人道的目的」があるが、本人や配偶者の直系尊属卑属、兄弟姉妹の葬儀に参加する場合も含まれる。

朴氏は2012年に自身の兵役問題議論後に出国し英国で長期滞在している。朴氏は2011年8月に空軍に入隊したが大腿部末梢神経損傷の診断を受け4日ぶりに帰宅措置された。その後の再検査で椎間板ヘルニアにより公益勤務要員判定を受けた。

帰国した朴氏はすぐに喪主を務めることになる。朴市長夫人のカン・ナンヒ氏と長女が葬儀室を守っていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP