주요 기사 바로가기

新型コロナを突破して飛行機に乗った韓国映画

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.10 15:48
0
新型コロナも韓国映画関係者の情熱には勝てなかった。

韓国を越えて世界を魅了して全盛期を迎えた韓国映画は今年、いくつかの新作が登場する予定だった。年初に新型コロナという予期せぬ障害が発生し、停滞するしかない状況だ。特に海外での撮影が不可能になると、深刻な困難にぶつかった。しかし全世界に広がった感染病も韓国映画界の情熱と意志を挫くことはできなかった。ファン・ジョンミン、ヒョンビン主演の映画『交渉』(イム・スンレ監督)を筆頭にまた走り始める。

『交渉』チームは4日、ヨルダン行き飛行機に乗った。特にチャーター機を手配するなど、まさに『交渉』大作戦を繰り広げた。ヨルダンに到着した後も順調でない。現在隔離中であり、一定期間の隔離を終えた後に現地撮影に入る。事実上、不可能を可能にしたということだ。ヨルダンでのロケが不可能になると、すぐにセット場を準備して国内撮影分から撮影に入った『交渉』は、新型コロナ事態を乗り越えながら日程を進めている。

『交渉』は中東で発生した韓国人拉致事件を素材に拉致被害者を救助する内容を描いた作品だ。『私たちの生涯最高の瞬間』『リトル・フォレスト 春夏秋冬』のイム・スンレ監督がメガホンを握った。中東という異色の背景とファン・ジョンミン、ヒョンビンという組み合わせがシナジーを生み出すと期待される。

『犯罪都市2』チームも海外撮影の再開を計画している。3月にベトナムロケを計画していたが、突然、新型コロナ事態を迎えて出国できなくなった。現在は国内撮影を完了し、今年末のベトナムロケを準備している。ベトナムが難しい場合、他国での撮影も考慮しているという。

『犯罪都市2』は、2017年に公開され「青少年観覧不可」等級のハンディキャップにもかかわらず観客688万人を動員した『犯罪都市』の後続作。前編のヒーロー、マ・ドンソクが出演し、新たな悪役としてソン・ソックが合流した。国内を越えてベトナムまで領域を拡張した『犯罪都市』に大きな関心が注がれている。

新型コロナで世界の映画界が大きな打撃を受けた。韓国映画界も同じだ。Kムービーが注目され始めた重要な時期に、予想できなかった悪材料のため立ち止まった。いままた新たに再スタートラインに立つ。映画界のある関係者は「数年かけて準備した作品。時期を逃せば俳優のスケジュール問題などもあり永遠に機会をつかめないかもしれない。黙って待っているわけにはいかない。なんとか方法を考えて海外撮影に向けて努力している」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新型コロナを突破して飛行機に乗った韓国映画

    2020.07.10 15:48
    뉴스 메뉴 보기
    映画『交渉』
    TOP