주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>米朝とも「写真撮るだけ」の会談避けたい…韓国は現実を受け止めなくては(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 17:45
0
◇交渉長期戦準備する北朝鮮

トランプ大統領も米朝首脳会談に積極的でない可能性が大きい。トランプ大統領のすべての関心事は11月の大統領選挙に合わされている。伝統的に対外政策が米国の大統領選挙で有権者の投票に及ぼす影響は極めて限定される。したがってトランプ大統領が米朝首脳会談に出るには確実な外交的業績として宣伝が可能でなければならない。

最小限寧辺(ヨンビョン)核施設のほかに高濃度ウラン施設の検証を伴った廃棄程度を北朝鮮が受け入れなくてはトランプ大統領に有利にならない。トランプ大統領は以前の米政権が寧辺核施設廃棄を約束した北朝鮮にだまされたと批判し、自分は違うだろうと公言してきた。ボルトン前補佐官は昨年2月のハノイでの米朝首脳会談で、トランプ大統領が「もし寧辺・制裁解除案を受け入れる場合、米国で政治的波紋が途轍もないだろう。自身が大統領選挙で敗れかねない」と話したと証言する。これに対し金正恩は「寧辺が北朝鮮にどれだけ大きな意味があるか」を持続的に説明したという。現在北朝鮮は寧辺廃棄案から後退し米国の措置先行だけを要求中だ。

◇米国も実務会談の重要性認識

北朝鮮と同じようにトランプ大統領も以前よりは実務会談の重要性を認識している。単純な写真を撮るだけの首脳会談はこれ以上効果がないということを直感的に認知する様相だ。

米朝が曲折の末に実務会談を開始しても新型コロナウイルスによる物理的限界から困難が加わり11月までに首脳会談を開催するのは容易でない。ビーガン北朝鮮政策特別代表は先月29日、大統領選挙前の米朝首脳会談開催の可能性を低く評価し、新型コロナで世界的に対面での首脳会談が行われにくい状況であることに言及している。

8月末に予定された全党大会で大統領候補が確定すればトランプ大統領は本格的な遊説戦に突入することになり米国を離れるのが容易でなくなる。

前述した限界をみな克服しても会談場所選定に制約が大きい。新型コロナウイルスと金正恩委員長の移動ルートなどを考慮すると平壌または板門店(パンムンジョム)などが候補地になれる。しかし「国家非常防疫体系」を稼動中の北朝鮮が大規模な要員を伴ったトランプ大統領の訪問を許容するのは容易でない。板門店の場合、北朝鮮と米国ともに劇的効果が低くなるという側面で敬遠する可能性がある。

◇トランプ大統領、8月過ぎれば米国離れにくい

総合すると韓国政府の米朝首脳会談提案は現実性に劣る。合わせて、より根本的な次元でトランプ大統領と金正恩委員長の首脳会談が北朝鮮の非核化と韓半島(朝鮮半島)平和プロセスに真に役立つのかも質問してみなければならない。

ボルトン前補佐官が伝えたシンガポール会談当時のトランプ大統領の「会談はアピールのためだ。中身のない共同声明に署名し記者会見を行って勝利を宣言しすぐに離れる」という発言は米朝首脳会談の意味を求めにくくする。トランプ政権下では首脳間の談判を通じたトップダウン方式を捨て、実務会談を通じて北朝鮮非核化ロードマップを作るアプローチ方式を採択することでこそ意味ある非核化が可能なようだ。

合わせて、いまは韓国政府が新しい提案をするよりは対北朝鮮政策全般を再点検する時だ。2018年の幻想から抜け出し、北朝鮮が南北共同連絡事務所を破壊した現実を受け入れ、危機を管理して韓米共助を再建しなければならない。

特に1年余りにわたり北朝鮮の暴言と挑発にも無条件受容的態度で一貫したことから抜け出さなければならない。個人間の関係と同じように国同士でも健全な関係を作るためには必ず相互性が伴わなければならない。長く堪えて北朝鮮を包容しても北朝鮮の間違った行動と言葉はしっかりと指摘し直していってこそ意味があり持続性のある南北関係を積むことができる。

パク・ウォンゴン/韓東(ハンドン)大学教授 <Mr.ミリタリー>米朝とも「写真撮るだけ」の会談避けたい…韓国は現実を受け止めなくては(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <Mr.ミリタリー>米朝とも「写真撮るだけ」の会談避けたい…韓国は現実を受け止めなくては(2)

    2020.07.06 17:45
    뉴스 메뉴 보기
    2018年12月に北朝鮮開城市の板門駅で南北東西海線鉄道・道路連結と近代化事業着工式が開かれた。李善権祖国平和統一委員長(中央)があいさつしている。左から金賢美国土交通部長官、李委員長、趙明均統一部長官。[写真 共同取材団]
    TOP