주요 기사 바로가기

韓国、新型コロナの新規感染者48人増…国内発生24人、海外流入24人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 11:40
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新規感染者が48人増えた。一日新規感染者が50人を下回ったのは7月に入って初めてだ。

疾病管理本部中央防疫対策本部は6日0時を基準に新規感染者が48人発生して総累積感染者が1万3137人になったと明らかにした。中央防疫対策本部は一日前に総累積感染者が1万3091人だと発表したが、大邱(テグ)で2人が最終的に陰性と判定され数値が減ったと説明した。

新規感染者の中で24人は海外流入であり、残りの24人は地域発生患者だった。地域発生感染者はソウル2人、仁川(インチョン)5人、京畿(キョンギ)5人、光州(クァンジュ)7人、大田(テジョン)2人など首都圏と光州(クァンジュ)で集中的に増えた。残りは忠南(チュンナム)1人、全南(チョンナム)2人だった。

海外流入患者は検疫所で15人が発生し、ソウル1人、釜山(プサン)1人、大邱2人、仁川1人、京畿1人、江原(カンウォン)1人、慶北(キョンブク)1人、慶南(キョンナム)1人だった。

この日まで新規隔離解除者は16人で計1万1848人が隔離解除し、まだ隔離されている感染者は31人増えて1005人になった。死亡者も1人発生して総累積死亡者は284人になった。新型肺炎の致命率は2.16%だ。

朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官はこの日、中央災害安全対策本部会議で「統制可能な水準だが、小規模な感染が続いている」として「感染経路を分からない事例も少しずつ増加する様相だ」と話した。また「経路が不明な感染や無症状感染に備えるためには『自らの防疫』が重要だ」として防疫守則の順守を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、新型コロナの新規感染者48人増…国内発生24人、海外流入24人

    2020.07.06 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    光州で初めての小学校在学生が新型肺炎の感染が判明された中で、5日午後北区日洞(プックイルドン)小学校の校門に学校施設の臨時使用中止の案内文が掲げられている。フリーランサーのチャン・ジョンピル
    TOP