주요 기사 바로가기

<韓国人アイデンティティ調査>20代の10人中7人「北朝鮮はわれわれの領土ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 10:33
0
韓国の領土に対する認識にも現実的な変化が現れた。東アジア研究院(EAI、院長ソン・ヨル)と成均館(ソンギュングァン)大学東アジア共存協力研究センター〔EACC、センター長李淑鍾(イ・スクジョン)〕、中央日報が実施した「2020年韓国人のアイデンティティ」調査の結果だ。韓国・韓半島(朝鮮半島)・韓半島+満州の3地域に区分した領土認識に対する質問に「韓半島(朝鮮半島)+満州地域まで」という回答は全年齢層で5.7~13.1%だった。2005年19~29%から10%ポイント以上低くなった。韓国の領土が「韓国地域」という回答は20代の場合73.0%に達し、2005年(36.7%)の2倍に増えた。他の年齢帯でも54.0~66.0%の回答比率を示した。

「韓国と北朝鮮は現実的に別個の独立的な国家」に対して肯定する回答は90.2%と現れた。2005年77.7%から12.5%ポイント増加した。北朝鮮に対する否定的認識は、「私たち・兄弟・隣国・他人・敵」などの単語選択に現れた。普段、北朝鮮を「私たち」と考えるという回答は2005年30.5%から2020年13.9%に減少した。反面、「敵」という回答は同じ期間8%から19.1%に増加した。

北朝鮮に対する認識は世代間で明確な違いがあった。20~30代の否定的認識が45.7%で最も高く、40~50代が31.2%で低かった。60代以上の老年層は青年層とほぼ同じ傾向を示した。北朝鮮に対して20代は他人(24.4%)と考えている比率が1位で、40~50代は兄弟(22.7%)ととらえている比率が最も高かった。

北朝鮮は核を放棄しないだろうという回答は90.2%で、北朝鮮に対する経済支援に対しては現在の水準で支援するべきだという回答が46.5%で最も高かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP