주요 기사 바로가기

科学界の警告「新型コロナ、空気感染…飛沫でない呼吸で感染する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 09:21
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が空気を通じて感染させるという主張が科学界から出た。米ニューヨークタイムズ(NYT)は5日(現地時間)、全世界32カ国の科学者239人が世界保健機関(WHO)に公開書簡を送って新型肺炎の空気感染の可能性を提示し、新型肺炎の予防規則を修正してほしいと促したと報じた。

NYTは科学者が今週科学ジャーナルを通じてこのような内容の公開書簡を掲載する計画だと伝えた。

その間、WHOは新型肺炎が主に大きい呼吸器の飛沫で感染すると主張してきた。新型肺炎に感染した人々によって放出されたせきやくしゃみのせいで主に拡散するという主張だ。

しかし、専門家は新型肺炎が飛沫の大きさと関係なく空気を通じて伝染し、呼吸だけでも人を感染させると指摘した。

飛沫でなく空気を通じて感染する場合、遠く離れている状況でもマスクを着用しなければならない。一番小さい呼吸器の粒子まで遮断するN95マスクも必須だ。学校、介護施設、企業のような団体施設では特に喚起システムを再整備しなければならない。

科学者は空気だけで感染する場合、より綿密な防疫が必要だということからWHOに新型肺炎の予防規則の修正を促したと伝えられた。

NYTは「特に、WHO感染予防統制委員会が科学的な証拠に関連して融通が利かず、過度に医学的な観点を守って防疫規則を更新する速度が遅いうえに、少数の保守的な声が反対の声を無視しているというのが専門家の共通した指摘」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    科学界の警告「新型コロナ、空気感染…飛沫でない呼吸で感染する」

    2020.07.06 09:21
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP