주요 기사 바로가기

【コラム】日本の輸出規制と新型コロナ…答えは強い素材・部品・装備

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 07:49
0
新型コロナウイルス感染症で「コロナ」は王冠のように出たウイルスの突起の形のために付いた。コロナは放電現象をいう電気・電子用語でもある。コロナ放電と新型コロナは「流れが途切れる現象」という共通点がある。

実際、新型コロナの「サプライチェーン衝撃」は馴染みのないことではない。昨年7月に日本は韓国を「ホワイト国」から除外した。そして半導体・ディスプレーの核心素材であるフッ化水素、フッ化ポリイミド、EUV(極端紫外線)用フォトレジストの3品目の輸出を規制した。当時、どう克服するのかという心配が大きかった。

1年が過ぎた今は違う。3品目のうち1品目も需給に支障がなかった。国内の技術で生産を拡大するなど確実な変化が表れている。フッ化水素はSKマテリアルズが5ナイン級(99.999%)の量産に成功した。フッ酸液はソルブレインが12ナイン級の生産能力を倍に増やした。フッ化ポリイミドはコーロンインダストリーとSKCが独自の技術を確保した。国内携帯電話企業は新製品にフッ化ポリイミドに代わる新素材として超薄膜強化ガラス(UTG)を採択した。

EUV用フォトレジストは米デュポンが韓国に2800万ドルを投資し、今年から量産を始める。日本への依存度が高い100大品目も従来より在庫量を2、3倍に増やした。海外先端技術のM&A(企業の合併・買収)などを通じて多角的に国内の供給基盤を拡充した。

政府も「素材・部品・装備競争力強化対策」を用意した。核心技術開発、官民テストベッドを通じた実証と量産評価、生産と投資につながる全周期過程に今年だけで2兆1000億ウォン(約1900億円)の予算を投入中だ。官民合同で「素材・部品需給対応支援センター」も構成した。5兆2000億ウォン規模の流動性供給、特別延長勤労の承認、工場増設と環境許認可へのファストトラック(迅速許可支援)適用などの支援も強化している。20年ぶりに「素材・部品・装備特別法」を全面改編し、素材・部品・装備特別会計を新設し、制度的な基盤も用意した。官民が協力して危機対処能力を確認すると同時に「やればできる」という自信を得た点も大きな成果だ。

今後、世界は「サプライチェーン衝撃」と「サプライチェーン再編の動き」にどう対応するかがカギとなる。我々には日本の輸出規制に賢く対応して築いた経験と成果がある。韓国の素材・部品・装備産業をさらに強化し、「グローバルサプライチェーンの途切れた流れ」を再びつないで新たに飛躍する機会に変えなければいけない。日本の輸出規制と新型コロナに共通する答えは強い素材・部品・装備産業にある。

鄭升一(チョン・スンイル)/産業通商資源部次官

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP