주요 기사 바로가기

韓国検察、自宅隔離守らず拘束された20代日本人に懲役6カ月求刑

ⓒ 中央日報日本語版2020.07.03 14:40
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で自宅隔離措置を守らず何度も住居地を無断で離脱した容疑で拘束起訴された日本人男性に検察が懲役刑を求刑した。

3日午前、ソウル西部地法刑事1単独イ・スンウォン部長判事の審理で行われた日本国籍男性A被告(23)の結審公判で、検察は外国人であり、国内法の理解が不足している点などを考慮したとしながら懲役6月の宣告を要請した。

今年4月2日に入国したA被告は感染病が疑われるグループに分類され、ソウル西大門(ソデムン)保健所から4月15日ごろまで住居地に自宅隔離するよう通知されたにもかかわらず、計8回にわたって住居地を離脱した容疑(感染病の予防および管理に関する法律違反)で起訴された。

A被告の弁護人は「被告人が『隔離』という単語の意味を誤解したところから発生したとみられる」とし「被告人の本国・日本では隔離は最大限動かないことであって、完全に外側と遮断されたものではないと被告人は理解していた」と主張した。

A被告は「周囲のさまざまな人にご迷惑をおかけした点を深く反省している」とし「もう一度だけ機会を与えてくれるなら、このような違反はせずに一生懸命生きていきたい」と明らかにした。また、裁判長に韓国語で「善処をお願いします。申し訳ありません」と話した。A被告の宣告裁判は今月15日に行われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP