주요 기사 바로가기

韓国銀行総裁「新型コロナ、夕立かと思ったら梅雨…革新的企業支援考える時」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.01 08:46
0
韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が「新型コロナウイルス問題は通りすがりの夕立だと思ったが、梅雨の始まりかもしれないとの思いがある」と明らかにした。

新型コロナウイルスの影響の長期化につれこれまで全方向的に行われてきた銀行の企業向け融資方式の変化の必要性を表明しながらだ。30日の銀行界によると、李総裁は22日にソウルの銀行会館で開かれた頭取懇談会に招かれ、「新型コロナウイルス問題が長期化するならば対応も長いスパンでアプローチする必要がある」としてこのように話した。

李総裁は「金融圏が企業を支援するのにいまのように全方向的支援を継続できるのか、アプローチ方式を変えて支援するのか考えなければならない時が来た。もう少し創意的に支援する方式があるはずだが、厳しい企業が営業方式を革新的に変えれば支援したり、取引銀行が業種変更を勧告したり、企業の経営革新を誘導できる方式で支援する案を考えてみなければならない」と助言した。既存の方式の持続可能性に疑問を提起し、事実上「選別」支援への転換に対する話題を投げかけたもの銀行業界は解釈している。

最近専門家の間では、新型コロナウイルスの衝撃を減らすために政府と韓国銀行が大挙流動性を供給したが、必要なところに届いておらず効果が劣るとの指摘が出ている。支援がなければ営業利益で利子も返せない企業が支援金や貸付金で堪えているという指摘も出る。

だが彼は支援を中断すべきという意味ではないと明確に線を引いた。李総裁は「まだ家計と企業に対する支援を中断してはならない」という米連邦準備制度理事会(FRB)パウエル議長の言葉を引用し、「支援そのものは持続しなければならない」と話した。

これは金融危機以降に最低水準まで落ち込んだ企業の体感景気が瞬間的に緩む兆しを見せてはいるが依然として冷え込んだ真冬だからだ。30日に韓国銀行が発表した企業景況指数(BSI)と経済心理指数(ESI)によると、6月の全産業BSIは56で前月比3ポイント上昇し2カ月連続の上昇となった。製造業BSIも51で前月比2ポイント上昇し5カ月ぶりの反騰に成功した。だが基準値である100だけでなく1年前の全産業BSIの74、製造業BSIの75を大きく下回る数値だ。BSIは企業の体感景気を示す指数で、100を超えると業況を肯定的に見る企業が多く、反対なら否定的に見る企業が多いという意味だ。

最近の回復は政府政策に支えられた部分が大きい。韓国銀行関係者は「緊急災害支援金など政府の政策効果と主要国の経済活動再開による輸出不振緩和で全産業BSIが上昇した。効率が高い家電製品の購入費用払い戻し政策などにより家電メーカーの3月23日~6月18日の売り上げが前年同期比約2.3倍に増加した」と話した。

特に内需企業BSIは47で5月と同じだった。経営上の問題として「内需不振」を挙げた割合も3.1ポイント増えた。内需回復スピードに対する懸念が相変わらずだという意味だ。

韓国銀行関係者は「(李総裁の発言は)新型コロナ問題が長引くことを念頭に置いたもの。結局企業の危機が新型コロナウイルスにともなう一時的なものなのか、そうでなければこれとは別で構造的な問題なのかを把握し支援を差別化すべきという趣旨」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国銀行総裁「新型コロナ、夕立かと思ったら梅雨…革新的企業支援考える時」

    2020.07.01 08:46
    뉴스 메뉴 보기
    李柱烈韓国銀行総裁
    TOP