주요 기사 바로가기

<野球>姜正浩が韓国プロ野球復帰を撤回「すべての方に謝罪する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.29 18:04
0
姜正浩(カン・ジョンホ、33)がプロ野球復帰を断念した。

姜正浩は29日、自身のSNSメディアを通じ「長い悩みの末にヒーローズに連絡し復帰申請撤回の意向を伝えた」と明らかにした。

姜正浩は「ファンのみなさんに許しを求めファンの前に再び立つには私が非常に大きな過ちを犯したという事実を改めて感じた。変化した姿を見せたいという気持ちも、ヒーローズで野球をしたいという気持ちもすべて私の大きな欲だった」と付け加えた。続けて「復帰を進める過程で被害を受けたすべての関係者の方に心から謝罪する」と頭を下げた。

姜正浩は米大リーグ(MLB)のピッツバーグ・パイレーツに所属していた2016年12月にソウルで血中アルコール濃度0.084%の飲酒運転によるひき逃げ事故を起こした。この事件を契機に2009年と11年にも飲酒運転をしていた事実が追加で明らかになった。裁判所は姜正浩に懲役8月執行猶予2年を宣告した。曲折の末にピッツバーグに復帰して2シーズンにわたり活躍したが、昨年放出された。

姜正浩は先月20日に韓国野球委員会(KBO)に任意脱退復帰申請書を提出した。KBOは「1年の有期失格と奉仕活動300時間」の懲戒を科した。先月5日に帰国した姜正浩は記者会見を開き本格的な復帰の意思を明らかにした。初年度の年俸寄付と、飲酒運転被害者とリトルリーグの選手らのためにボランティアをするという具体的な計画も明らかにした。しかしファンの反応は冷ややかだった。ヒーローズ球団内でも否定的な見方は小さくなかった。結局球団最高幹部が結論を出す前に姜正浩自ら退く格好となった。

姜正浩は今後の計画に対しては具体的に明らかにしなかった。彼は「まだこれからどのような道を進むかは決まっていない。どんな道を歩くことになっても周囲を見回し、家族を考え、もっと良い人間になれるよう常に努力したい。また、ボランティアと社会貢献活動を通じて少しでも社会に役立てる人になれるようにしたい。改めて申し訳なく、感謝します」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>姜正浩が韓国プロ野球復帰を撤回「すべての方に謝罪する」

    2020.06.29 18:04
    뉴스 메뉴 보기
    姜正浩(カン・ジョンホ、33)
    TOP