주요 기사 바로가기

「文大統領と安倍首相、戦いはやめて新しいリーダーたちに和解のチャンスを」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.29 16:40
0
--どのように展開するとみているか。

「なんらかの形で解決してみようという動きが韓国立法府から出てきたことには感謝する。文元議長の政治的リーダーシップにも敬意を持っている。だが、残念ながら今は(法案処理が)できておらず、今すぐ奇跡が起こることは期待しにくいが、韓国の政権に一つだけお願いしたいのは、現金化だけは…(避けなければならない)。コロナ危機で最も難しいこの時期に、少なくとも日韓関係をこれ以上悪くしないように維持することをお互いにボトムラインにすることを、日本の政治リーダーシップだけでなく韓国にもぜひお願いしたい」

--安倍外交において韓国の重要性は低くなったか。

「安倍氏は日本の戦後リーダーの中で評価がかなり難しい人だ。(2012年末の再執権から)8年間を見てきて、彼がナショナリスト(国家主義者)であることは間違いない。だが、他を排除して、他の民族を悪者にするナショナリストというよりは『日本がより大きな役割をするべきだ』と考えるナショナリストだ。安倍氏の立場で最も難しいのが中国で、それは韓国も同じだと思うが、日中関係はひとまず安定させた。日本国内の右翼をよく管理しているので安倍氏に対する中国の評価も悪くない。安倍氏を中心とした日本の保守党の政治家からすると、日韓関係では、慰安婦合意が崩れたことに対して非常に挫折感が大きい。どの政権と合意しても内政によってそれが壊される可能性があり、怖くてどのようなコミット(約束)もできないという残念な状況だ」

--日本政治家のうち韓日関係のキーマンは。

「やはり安倍氏だと思う。相手のことを最もよく分かっていて、イシューもすべて頭の中に入っている。外交は相手との『ギリギリの接点』を探すことだが、そうなってくるとやはり最後は安倍氏だ。敢えて言えば菅義偉官房長官、二階俊博自民党幹事長を加えて3人ではないだろうか」

--安倍氏の頭の中にいつも韓国が入っているだろうか。

「単に慰安婦問題や歴史問題だけでなく戦略的側面から韓国を考えている。特に中国との関係において、韓国も(日本や米国と)同じ側に立っていると基本的に考えている。『われわれは日米同盟を維持するから、韓国も米韓同盟をしっかり維持してほしい』ということだ。中国に対して(地域の)バランスを維持するという側面で、韓国がどのような韓国であるかは日本の安全保障戦略にとって最も重要だ」

--最近の北朝鮮の挑発はどんな狙いがあると思うか。

「文在寅政権に対して『あなた方はなぜ約束を守らないのか。金剛山(クムガンサン)と開城(ケソン)には全く進展がない、米国は経済制裁を少しも解除しない。韓国は米朝を引き出してくれたが何もしていない、謀られた』という(抗議)次元ではないかと思う。ボルトン氏の回顧録にも出てくるが、米国内には『経済制裁解除だけは絶対だめだ』という雰囲気が強く、今ではもう経済制裁解除というオプションはないようだ。そのような意味で、米朝両側に仕掛けた『ムーンシャイン政策』(文在寅政権の太陽政策)は失敗したと考える」

--米国大統領選挙でバイデン候補が勝利すれば韓国と日本の緊張関係は少し緩むだろうか。

「日本国内には『中国を扱う問題ではトランプ氏のほうが使える』という評価もある。だが、バイデン氏のほうが日本の長期的な国益にはありがたい。多国間主義、自由で開かれた国際秩序、同盟維持などでだ。日本も韓国も、自分の国をもっと自分で守らなければならないし、地域の安定も地域の国々がもっと協力して安定させなければならない。何から何まで米国に頼れる時代ではもうない。このような考えでは、バイデン氏も(トランプ氏と)大きく変わらないかもしれない」 「文大統領と安倍首相、戦いはやめて新しいリーダーたちに和解のチャンスを」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「文大統領と安倍首相、戦いはやめて新しいリーダーたちに和解のチャンスを」(2)

    2020.06.29 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    2014年、金永熙(キム・ヨンヒ)中央日報論説委員(逝去)と対談している船橋洋一氏。[中央フォト]
    TOP