주요 기사 바로가기

「コロナ防疫の韓国モデルの核心は国家・市民社会間の信頼・協業…政界が覚醒すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.29 14:24
0
新型コロナウイルスが民主主義の危機を招いたのではない。新型コロナ以前から政治学者は民主主義の危機を警告してきた。権威主義の耐久性は比較政治学で人気があるテーマだった。トランプ大統領の当選後、『どのように民主主義は崩れるのか(How Democracies Die)』という本が反響を呼んだ。開発途上国は民主主義に対する代案として中国モデルに注目した。

こうした状況で新型コロナが広がった。欧米民主主義国家の新型コロナ対処は失望を与えた。指導者は当惑し、政治は分裂し、政策は無力だった。対照的に中国の対処は果敢でそれなりに有効だったし、新型コロナに対する「勝利」を宣言した。中国モデルを追従するかのように、数カ国で権威主義への退行が見られた。牽制のない非常措置権が強化され、言論の自由は深刻に萎縮した。新型コロナによって欧米民主主義の危機はさらに深まり、代案としての中国は急浮上する勢いだった。

もし韓国がなかったとすればだ。民主主義の果てしない墜落、そして中国式権威主義の浮上にブレーキをかけたのがまさに大韓民国だ。もし民主主義韓国の成功がなかったとすれば、「中国標準」は世界の開発途上国のモデルとして大きな影響力を持つことになっただろう。韓国は地球レベルの民主主義の敗退を阻止した安全弁だった。

しかしよく見ると状況は容易なものではない。中国式の権威主義ではなかったが、我々も発展国家の遺産の恩恵を受けていないとは言えない。優秀な公務員、強力な行政力、効率的な政策推進体系など発展国家的な要素は新型コロナの対処過程で輝いた。日本の発展国家を模倣して経済成長を遂げ、80年代に「アジア四小龍」と呼ばれた韓国・台湾・香港・シンガポールが新型コロナの対処で比較的優秀な成績を出したのは偶然でない。

とはいえ、発展国家の遺産が最も重要な要素ではない。アジア発展国家の元祖の日本は苦戦している。核心は市民だった。韓国モデルは権威主義国家の監視と統制ではなく国家・市民社会間の信頼と協業に基盤を置いたのだった。献身的な医療スタッフ、より良い政策の産出に強い圧力を加える市民社会、政府の施策に協力する市民の高い民度と共同体意識、それが防疫成功の秘訣だった。

効果的な国家と成熟した市民社会は「強い民主主義(strong democracy)」のビジョンを示す。しかし「大義」民主主義で政治の変化なしにはそのビジョンは幻想だ。新型コロナの局面で政界の役割は受動的だった。政治の根本的な変化の可能性も大きくはないようだ。韓国だけの問題ではないが、人類対ウイルスという絶体絶命の危機さえも、政派間の葛藤と対立を弱化させることができなかった。

政党、政党体系、政治制度の革新がなければ、韓国政治の焦点は国家-市民社会間の直接熟議と協業に移り、政党政治は周辺化するだろう。「強い民主主義」は国家・市民社会・政治のそれぞれが強いだけでなく相互協力してこそ実現する。そのような三角編隊のために政界の覚醒と奮発は必須だ。

金善赫(キム・ソンヒョク)/高麗大行政学科教授/大統領直属政策企画委委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP