주요 기사 바로가기

韓国、新型コロナ新規感染者42人…地域社会30人・海外流入12人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.29 11:43
0
韓国で新型コロナウイルスの新規感染者が一日に42人確認された。

疾病管理本部中央防疫対策本部によると、29日0時を基準に一日の新規感染者は42人で、累計感染者数は1万2757人となった。新規感染者のうち30人は地域社会内の感染者、残り12人は海外流入。

地域社会の感染地域は、首都圏を中心にした伝播が全国に広がる傾向だ。ソウル(6人)と京義道(キョンギド、14人)、仁川(インチョン、1人)で21人の新規感染者が確認された。ソウルと京畿道の宗教施設、小規模な集まりなどで集団感染が発生した影響と推定される。

首都圏以外でも患者の発生が続いた。光州(クァンジュ)3人をはじめ、大邱(テグ)・大田(テジョン)が各2人、釜山(プサン)・全羅北道(チョンラブクド)各1人。

隔離解除された患者は65人増えて計1万1429人となった。隔離中の患者は23人減の1046人。この日、死者は報告されず282人のまま。

朴凌厚(パク・ヌンフ)中央災難安全対策本部第1次長(保健福祉部長官)はこの日の会議で「小規模な親睦会も家族や知人の感染を通じて地域社会の感染に広がるおそれがある」とし「修練会・ワークショップなどの行事は非対面に変え、やむを得ず実施する場合は社会的距離を遵守して団体の食事は控えてほしい」と注意を呼び掛けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP